最近の句集から選ぶ歳時記「キゴサーチ」(冬)




ア行

いちようき「一葉忌(冬)」

いつ「凍つ(冬)」

うきねどり「浮き寝鳥(冬)動物」

カ行

かき「牡蠣(冬)動物」

かじ「火事(冬)生活」

かれあし「枯蘆(冬)植物」

かれの「枯野(冬)地理」

かんごい「寒鯉(冬)動物」

きぶくれ「着ぶくれ(冬)生活」

くきのいし「茎の石(冬)生活」

くじら「鯨(冬)動物」

けいとぼう「毛糸帽(冬)生活」

タ行

としおき「敏雄忌(冬)行事」

ハ行

はるちかし「春近し(冬)時候」

ひなたぼこ「日向ぼこ(冬)生活」

ふるごよみ「古暦(冬)生活」

ふゆのみず「冬の水(冬)地理」

マ行

もち「餠(冬)生活」

 

プロフィール
蜂谷一人
1954年岡山市生まれ。俳人、画人、TVプロデューサー。「いつき組」「街」「玉藻」所属。第三十一回俳壇賞受賞。句集に「プラネタリウムの夜」「青でなくブルー」

公式サイト:http://miruhaiku.com/top.html

おすすめの記事