春の季語「梅(うめ)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「梅(うめ)」を使った俳句一覧

  • 我庭はの落花や初桜 / 青木月斗
  • 雲飛べば野は雪近しの花 / 青木月斗
  • や夕雨寒き士族町 / 芥川龍之介
  • や青蓮院の屋根くもり / 芥川龍之介
  • 牛に積む御料檜やの花 / 芥川龍之介
  • 政苛き国にもさくや / 芥川龍之介
  • 草庵のやうつすと鏡立て / 芥川龍之介
  • 飯食ひにござれ田端はの花 / 芥川龍之介
  • 日曜に遊びにござれの花 / 芥川龍之介
  • 思へ君庵の花を病む我を / 芥川龍之介
  • に佇つ尚も腕組みほどかずに / 赤城さかえ
  • ゆく雲に野は花のなごり哉 / 飯田蛇笏
  • 棕櫚の葉のかゝりての若木かな / 飯田蛇笏
  • 草庵や花うるみたる一樹 / 飯田蛇笏
  • や墓さむげなる竹のつゆ / 飯田蛇笏
  • 風呂あつくもてなす庵の野かな / 飯田蛇笏
  • のはねて浮く葉や夕泉 / 飯田蛇笏
  • 園や誰もひろはず捨て扇 / 飯田蛇笏
  • の月に焚き衰ふる藁火かな / 飯田蛇笏
  • のおちゐて遊ぶ精舎の地 / 飯田蛇笏
  • ぬくし養君の弓はじめ / 飯田蛇笏
  • 山寺やむざと塵すつの崖 / 飯田蛇笏
  • 藪中の木を積む墓所や白し / 飯田蛇笏
  • 林を柩舁きゆく漁人かな / 飯田蛇笏
  • 林に漁舸弄す浪の見えにけり / 飯田蛇笏
  • 初寅や道々匂ふの花 / 池西言水
  • 猫逃げて動きけり朧月 / 池西言水
  • の香の壁に風たじろぎぬ / 井出台水
  • 白粥に干おとす春のあさ / 伊東月草
  • や奈良の小家の烏帽子折 / 伊藤松宇
  • が香や流行(はやり)出したる白博多 / 井上井月
  • 中垣やにしらける去年の空 / 上島鬼貫
  • 山里や井戸のはたなるの花 / 上島鬼貫
  • 散てそれよりのちは天王寺 / 上島鬼貫
  • の実の二つ三つほど家かげかな / 臼田亞浪
  • あたまをそつて帰る青たくさん落ちてる / 尾崎放哉
  • 何とやらおがめば寒しの花 / 越智越人
  • や大仏の膝あたゝかに / 小野蕪子
  • 咲事に日を撰ばずやの花 / 加賀千代女
  • 手折らるる人に薫るやの花 / 加賀千代女
  • 親しみは遠くて近き月と / 加賀千代女
  • 吹てきて付たようなりの花 / 加賀千代女
  • が香や鳥は寝させてよもすがら / 加賀千代女
  • が香や風のあいあい木にもどり / 加賀千代女
  • うくひすにまたるるはなかりけり / 加賀千代女
  • 鴬やにも問ずよそ歩行 / 加賀千代女
  • 鴬やにも問ず遠ふ歩行 / 加賀千代女
  • 朧夜や見届たものばかり / 加賀千代女
  • 散てさぞ春風も松の月 / 加賀千代女
  • 仰向いてをながめる蛙かな / 加賀千代女
  • 石にしむことばのたねやの雨 / 加賀千代女
  • ばかり誠の事やとしの内 / 加賀千代女
  • が香の筋に立よる初日哉 / 各務支考
  • 椽に寐る情やに小豆粥 / 各務支考
  • ほのかなるの雫や淡路島 / 各務支考
  • 縁に寐る情やに小豆粥 / 各務支考
  • が香や その一筋の 道ゆかし / 哥川
  • 夜のいねんとすれば匂ふ也 / 加舎白雄
  • 病僧の庭はくのさかり哉 / 河合曾良
  • 咲いてゐる要塞地帯かな / 川端茅舍
  • 砂利舟の底の浅さよ日和 / 川端茅舍
  • カアさんといひてみてをりの花 / 川端茅舍
  • 咲いて母の初七日いい天気 / 川端茅舍
  • 咲いて鉄条網の倒れあり / 川端茅舍
  • 朝靄には牛乳より濃かりけり / 川端茅舍
  • の丘を削りて芹の田を埋む / 川端茅舍
  • まつ青に鐘は響きぬの花 / 川端茅舍
  • 妙法の太鼓も響きも咲き / 川端茅舍
  • 奉納の手拭に枝を延べ / 川端茅舍
  • 咲くや豆腐とんとん賽の目に / 川端茅舍
  • の軒いと丹念に柑皮干す / 川端茅舍
  • しぐるるや粥に抛つ法師 / 川端茅舍
  • 擬つらつら晴るる時雨かな / 川端茅舍
  • 白河や石きる家のの花 / 河東碧梧桐
  • 折つてかつ散る花や眉の上 / 河東碧梧桐
  • かねて見し不折の筆のがあり / 河東碧梧桐
  • 梨棚を結ふ里や塚の白し / 河東碧梧桐
  • 道は鹿垣の上を行く真盛りのに / 河東碧梧桐
  • 蟹の食みし山葵と見するの宿 / 河東碧梧桐
  • 古き古き柳や小六条 / 河東碧梧桐
  • 棕櫚の葉に枇杷の葉にの落花かな / 河東碧梧桐
  • 三分咲く餅搗の日取かな / 河東碧梧桐
  • 満り酒なき家はなき世也 / 久保田兎園
  • 窓はみな々と成る真昼哉 / 久保田兎園
  • 初空の下ばやし中にあり / 久保田万太郎
  • 初場所にとゞきしのたよりかな / 久保田万太郎
  • まゆ玉のさそへるの香なりけり / 久保田万太郎
  • 元日のほころびし二三輪 / 久保田万太郎
  • は春塔に浅かる嵐かな / 久保田万太郎
  • 白足袋の爪先さむき見かな / 久保田万太郎
  • 青ぞらのいつみえそめし見かな / 久保田万太郎
  • 夜のをりから時計鳴りにけり / 久保田万太郎
  • またもとの土手にいでたる見かな / 久保田万太郎
  • 咲きすぎしたそがるる白さかな / 久保田万太郎
  • 掻いくぐるごとく来れりの中 / 久保田万太郎
  • 咲くや小さんといへば三代目 / 久保田万太郎
  • さりげなく咲きたるのさかりかな / 久保田万太郎
  • 下りしバスやりすごすとき咲けり / 久保田万太郎
  • 空屋敷ことしのを咲かせけり / 久保田万太郎
  • なまじ咲きて餘寒の強さかな / 久保田万太郎
  • 小田原ののたよりや年の暮 / 久保田万太郎
  • 水戸さまの裏の小や年の暮 / 久保田万太郎

春の季語一覧

おすすめの記事