川端茅舍の俳句
  • 初春の二時うつ島の旅館かな
  • 一枚の餅のごとくに雪残る
  • 春雷や牡丹の蕾まつ蒼に
  • 啓蟄を啣へて雀飛びにけり
  • 足のうらそろへ給ひぬ涅槃像
  • 暖や飴の中から桃太郎
  • 岨の道くづれて多羅の芽ふきけり
  • ぜんまいののの字ばかりの寂光土
  • 骨壷をいただいて春の天が下
  • 花杏受胎告知の翅音びび
  • 木蓮の落ちくだけあり寂光土
  • 甘茶仏杓にぎはしくこけたまふ
  • 頬白や雫し晴るる夕庇
  • ぼうたんのまえに嶮しや潦
  • 繭を掻く町の外れに温泉寺
  • 伽羅蕗の滅法辛き御寺かな
  • 五月闇より石神井の流れかな
  • 青芒日照雨鎬をけづり来る
  • 蟻地獄見て光陰をすごしけり
  • 兜虫み空へ兜ささげ飛ぶ
  • 露涼し蜾蠃の唸りいくすぢも
  • 胡瓜もみ蛙の匂ひしてあはれ
  • 飴湯のむ背に千住観世音
  • 夏氷鋸荒くひきにけり
  • 冷飯もなうて麨もそ々々と
  • からくりの鉦うつ僧や閻魔堂
  • 錠斎売畜生犬の舌垂るゝ
  • 父恋し夏さむざむと裘
  • 葉生姜やかゝりかゝりと露の玉
  • 金輪際わりこむ婆や迎鐘
  • 刀豆の鋭きそりに澄む日かな
  • 赤のまゝそと林間の日を集め
  • ひら々々と月光降りぬ貝割菜
  • 粟の穂に韓紅の穂先かな
  • 茱萸噛めば仄かに渋し開山忌
  • 自然薯の身空ぶる々々掘られけり
  • 一帳羅破れそめたる芭蕉かな
  • 草じらみ袖振り合ふも句兄弟
  • ふくやかな乳に稲扱く力かな
  • 枯木立月光棒のごときかな
  • 大年の常にもがもな弥陀如来
  • 初富士や崖の鵯どり谺して
  • 初凪の岩より舟に乗れといふ
  • 初春の二時うつ島の旅情かな
  • 初富士や石段下りて稚児ケ淵
  • 羽子板も法の盾かや観世音
  • 初観音紅梅焼のにほひかな
  • 廻ぐる日の色麗かや寝正月
  • ふだらくの初観音へ川蒸汽
  • 一夜明くれば俄然として花の流れかな
  • 梅咲いてゐる要塞地帯かな
  • 兵営の裏の草屋や赤椿
  • 鶯や豆腐沈みし水の底
  • 燕に波の高さや海雲汁
  • 三の午椿拾ひて遊びけり
  • 花鳥に病さだめし弥生かな
  • うららかに波は膨れて遊びけり
  • 船橋の舟を数へてうららかな
  • 春雨や泥にまみれし大鮪
  • ニコライの鐘が鳴り出す櫻かな
  • 空の濃さに霞の色もありにけり
  • 鉄橋の下そこばくの春田かな
  • 風の中に日の色すわる椿かな
  • 春暁や綺麗に掃きし椿の根
  • 品川や茶の間の奥の春の海
  • 春月や灯つらなる一と岬
  • 行春や灯は常明の観世音
  • 春宵や畳の上の米俵
  • 花の冷え蛙も鳴かぬ夜なりけり
  • 春宵や旅立つ母にこれの杖
  • 砂利舟の底の浅さよ梅日和
  • 焼くる野を貫きて水こんこんと
  • 行春や芸に身を売る膃肭臍
  • カアさんといひてみてをり梅の花
  • 春寒やお蝋流るる苔の上
  • 春寒やお滝様とて竹の奥
  • 麗かや砂糖を掬くふ散蓮華
  • 麗かや松を離るる鳶の笛
  • 春暁や先づ釈迦牟尼に茶湯して
  • 春暁や音もたてずに牡丹雪
  • 春昼や人形を愛づる観世音
  • 春宵や光輝く菓子の塔
  • 春の夜や寝れば恋しき観世音
  • 春の夜の秋より長し草の庵
  • 行春や茶屋になりたる女人堂
  • 九品仏迄てくてくと春惜む
  • 子守沙弥心経うたふおぼろかな
  • 朧夜の塔のほとりに影法師
  • 骨壷をいだいて春の天が下
  • 春天に鳩をあげたる伽藍かな
  • 又立ちし鳩の羽音や花曇
  • 春泥に子等のちんぽこならびけり
  • 涅槃会に吟じて花鳥諷詠詩
  • 眉描いて来し白犬や仏生会
  • 灌仏や鳶の子笛を吹きならふ
  • 御本山二十重の畦を塗りかたむ
  • 広縁や囀り合へるみぎひだり
  • 囀や銀貨こぼれし頭陀袋
  • 囀や拳固くひたき侍者恵信
  • 燕や烈風に打つ白き腹
  • 揚雲雀草の庵の厨より
  • 漣の中に動かず蛙の目
  • こまごまと白き歯並や桜鯛
  • 桜鯛かなしき目玉くはれけり
  • 蜂の尻ふわふわと針をさめけり
  • 蜆舟石山の鐘鳴りわたる
  • 菜の花の岬を出でて蜆舟
  • 梅咲いて母の初七日いい天気
  • 梅咲いて鉄条網の倒れあり
  • 椿道綺麗に昼もくらきかな
  • 桃の里家鴨に藍を流しけり
  • 花隠れ呪文きこゆるお滝様
  • 初花や竹の奥より朝日かげ
  • 花明り蛙もなかぬ心字池
  • 山高みこのもかのもに花の雲
  • 花の雲鳩は五色に舞ひあそぶ
  • 花吹雪滝つ岩ねのかがやきぬ
  • 藤波の松より竹へ清閑寺
  • 銀杏の芽み空に飛べば白鳩も
  • 大銀杏無尽蔵なる芽ふきけり
  • 銀杏の芽こぼれて伝ふ乳房かな
  • 花大根黒猫鈴をもてあそぶ
  • そぞろ出て蕨とるなり老夫婦
  • ふかぶかと森の上なる蝶の空
  • 泣き虫の父に眩しや蝶の空
  • 蝶の空七堂伽藍さかしまに
  • 蝶々にねむる日蓮大菩薩
  • 一蝶に雪嶺の瑠璃ながれけり
  • 石段を東風ごうごうと本門寺
  • 土不踏ゆたかに涅槃し給へり
  • 誰が懐炉涅槃の足に置きわすれ
  • 花の奥鐘の響を撞きにけり
  • 鶯のどこかに鳴いて蝶一つ
  • あかあかと彼岸微塵の仏かな
  • 如月や白菜の光沢鼈甲に
  • 雪の上ぽつたり来たり鶯が
  • 石上に廓然と雪残りをり
  • 武蔵野を初蝙蝠は東風に乗り
  • 枝垂梅初蝙蝠のひらめきぬ
  • 鶯の高音ひねもすチウリツプ
  • ぼうたんの芽と大石の影と濃し
  • 一聯の目刺に瓦斯の炎かな
  • 常不軽菩薩目刺を焼きにけり
  • 立春の雪白無垢の藁家かな
  • 松の曲麗日雪に遍照し
  • 芒枯れ細りきつたる麗かさ
  • 春月のくまなき土に雪一朶
  • 春なれや満月上し大藁家
  • 春夕べ烏は朱けに染まり飛び
  • 燕のさへずり宙にこぼれけり
  • 如月や十字の墓も倶会一処
  • 鶯や桐里町へ小盗人
  • 朝靄に梅は牛乳より濃かりけり
  • 百千鳥映れる神の鏡かな
  • 朧夜の尽きぬ話を垣に沿ひ
  • 菖蒲の芽既に長鋏帰らんか
  • 瑞瑞しぜんまい長けて神ながら
  • さらさらと落花つかずよ甃
  • 殺生の目刺の藁を抜きにけり
  • ぴぴぴぴと氷張り居り月は春
  • ギヤマンの如く豪華に陽炎へる
  • 陽炎の道がつくりときりぎしへ
  • 振袖に卒塔婆抱き来る桜かげ
  • 青淵に妙にも白き落花かな
  • 花の雲谷は鉄橋千鳥がけ
  • 平林寺門前竹の秋の関
  • 魚貫して囀り飛ぶよ杉の雨
  • 甃あら菫咲き蕨萌え
  • 蝟の如く怒れる鳩や八重桜
  • 花の雲杉の梢に一とちぎれ
  • 紀三井寺漁火の上なる春灯
  • 蕩蕩と旅の朝寝や和歌の浦
  • 絶壁にもたれて杣の今朝の春
  • 山葵の芽水ちよろちよろと喜ばし
  • 山葵の芽青き心臓石に触れ
  • 深川の濁れる春の日は酸つば
  • 乳母車降りて転びぬ暖かき
  • 春の土に落とせしせんべ母は食べ
  • 玉椿空海照りて界なし
  • 大山はナポレオン帽春の雲
  • 玉椿沖の高さに盛りあがる
  • 囀 の甘えたりしが後と静か
  • 木蓮 に杉の梢の皆禿
  • 木蓮や蒼天蒼天夜にはあらず
  • 花吹雪金の立札両大師
  • 猫の恋月に嘯くとはいへど
  • 梅の丘を削りて芹の田を埋む
  • 蒲公英や鷺の白光御空より
  • つくづくし西湖の塔に似たるかな
  • 木蓮に瓦は銀の波を寄せ
  • 一天や鶯の声充ち満ちぬ
  • 鶯歌ふ御空に朴の葉の車輪
  • ぜんまいは長け鶯は声張りあげ
  • 鶯や落暉は瑠璃の天を衝き
  • 鶯に夕星二三ひかりそむ
  • 春水の底の蠢動又蠢動
  • まつ青に鐘は響きぬ梅の花
  • 鶯の声おほきくひんがしに
  • 買得たり鶯団子一人前
  • 唯三つぶ鶯団子箱の隅
  • 皆懺悔鶯団子たひらげて
  • 一天や鶯の声透き徹り
  • 鶯の声澄む天の青磁かな
  • 妙法の太鼓も響き梅も咲き
  • 奉納の手拭に梅枝を延べ
  • 穴守の御堂ははるか潮干狩
  • 草餅のすこし届きし志
  • 玉椿大空に日は食まれをり
  • 梅咲くや豆腐とんとん賽の目に
  • 花の中鐘のひびきを撞くが見ゆ
  • 羊羹の面ては花のくもりかな
  • 鶯は初音し鳩は喉鳴らす
  • まひまひの舞も了せず花吹雪
  • 春月や潮のごとく太鼓打つ
  • 初午や馬込池上犬殖えて
  • 御僧や今朝さへづりの揶揄に覚め
  • 草庵の足らず事足る目刺かな
  • 世捨人目刺焼く瓦斯ひねりたる
  • 梅の軒いと丹念に柑皮干す
  • 死相ふとつらつら椿手鏡に
  • 沈丁や死相あらはれ死相きえ
  • 蛙聞く微熱の髪膚夜気に触れ
  • 初蛙きりころ遠く近くかな
  • 玉津島袴わすれし東風の禰宜
  • 塩竃に春曙のお蝋かな
  • 母の忌の御空の春の雲仰ぐ
  • 春の雲眺めひねもす玻璃戸中
  • 草餅のやはらかしとて涙ぐみ
  • 春月の輪を袈裟掛や梵字松
  • 梵字松奏でそめたるおぼろかな
  • 梵字松春月覗く葉越かな
  • 焼林檎余りに美味で春の夜で
  • 天心に光りいきづくおぼろかな
  • 咳苦し朧よし寝もねらめやも
  • 草餅や御母マリヤ観世音
  • たらちねのつまめばゆがむ草の餅
  • 今年はやこの草餅をむざとたべ
  • とこしへの病躯なれども青き踏む
  • 青き踏み棹さす杖の我進む
  • 青き踏む叢雲踏むがごとくなり
  • 青き踏む今日この国土忘れめや
  • 麦秋や葛西六郎墓移転
  • 金魚玉三階の軒に吊しけり
  • 松原をはなれし道や土用波
  • 山門の前の茶店のコレラかな
  • 題目を唱へて死ぬるコレラかな
  • 甘酒や土手からのぞく長命寺
  • 絶壁の上の芝生や雲の峰
  • 草の戸の真昼の三昧や花柘榴
  • 舟蟲と遊べる蟹の横目かな
  • ガタ馬車のべらべら幌や麦の秋
  • 麦秋や古墳の如き瓦竃
  • 青嵐や芒の中の花薊
  • 薫風や畳替へたる詩仙堂
  • 月涼し僧も四条へ小買物
  • 金銀の光涼しき薬かな
  • 白日のいかづち近くなりにけり
  • 蝶の羽のどつと流るる雷雨かな
  • 迎火や風の葎のかげによせ
  • 迎火や露の草葉に燃えうつり
  • 迎鐘ひくうしろより出る手かな
  • 閻王や蒟蒻そなふ山のごと
  • 御宝前のりだし給ふ閻魔かな
  • 蒟蒻に切火たばしる閻魔かな
  • 日盛や綿をこあむりて奪衣婆
  • 大どぶにうつる閻魔の夜店の灯
  • 侍者恵信糞土の如く昼寝たり
  • 昼寝比丘壁画の天女まひあそぶ
  • 昼寝覚うつしみの空あをあをと
  • 飲食のうしとて昼寝びたりかな
  • 繭を掻く町の外れの温泉寺
  • 土手越えて早乙女足を洗ひけり
  • 玉巻きし芭蕉ほどけし新茶かな
  • 飴湯のむ背に負ふ千手観世音
  • 翡翠の影こんこんと溯り
  • 幾重ね金魚の桶をひらきけり
  • 万筋の芒流るる蛍かな
  • 蛍火の嚶珞たれしみぎはかな
  • 花合歓に蛾眉ながながし午後三時
  • 寒気だつ合歓の逢魔がときのかげ
  • 総毛だち花合歓紅をぼかし居り
  • 盧遮那仏若葉ぬきんで慈眼す
  • 水晶の念珠に映る若葉かな
  • 桑の実や苅萱堂に遊びけり
  • 若竹や鞭の如くに五六本
  • 双輪のぼうたん風にめぐりあふ
  • 月白し牡丹のほむら猶上る
  • 散牡丹ぼうたんの葉に草の葉に
  • ぼうたんのまへに嶮しや潦
  • 百合の蘂皆りんりんとふるひけり
  • 真白なかぜに玉解く芭蕉かな
  • 玉解いて芭蕉は天下たひらかに
  • 横たはる西瓜の号はツエペリン
  • 新藷の既にあかきもうちまじり
  • もてなすに金平糖や麦の秋
  • 麦埃赤光の星森を出づ
  • 露涼しすがるの唸りいくすぢも
  • 迎え火に合歓さんさんと咲き翳し
  • 生身魂ちゝはゝいますごときかな
  • 聖霊の茄子の形となりにけり
  • 蝉の空松籟塵を漲らし
  • 芭蕉葉に水晶の蝉羽を合せ
  • きりきりと眠れる合歓に昴かげ
  • ぼうたんや森を飛出す鐘の声
  • 二三片烏雷雨にうたれ飛び
  • いかづちに松籟どつと乱れ落つ
  • でで虫に滝なす芭蕉広葉かな
  • 一心にでで虫進む芭蕉かな
  • 刻々と天日くらきいづみかな
  • 水馬弁天堂は荒れにけり
  • 栗の花舗装道路は野を縦に
  • 武蔵野を舗道はしれり青芒
  • 火取虫立正案安国論を読む
  • 老鶯の谺明るし芭蕉かげ
  • 鶯や夏ゆふぐれの光陰に
  • かたつむり背の渦巻の月に消ゆ
  • 河骨の金鈴ふるふ流れかな
  • 睡蓮に鳰の尻餅いくたびも
  • 三宝寺池の翡翠藤浪に
  • 水底に見ゆ踏石や青芒
  • 茴香の夕月青し百花園
  • 月見草梟の森すぐそこに
  • 月見草蘂さやさやと更けにけり
  • 明易き梟に覚め庭を掃く
  • ほうほうと梟近き門火かな
  • 隠元を膝に娘や滝の前
  • 霊池とて四方に泉湧く音よ
  • 渉る子等皆滝をマタノゾキ
  • 水を打つ夕空に月白う刎ね
  • 虫干や父の結城の我が似合う
  • 虫干や襟より父の爪楊枝
  • 滝打つて行者三面六臂なす
  • 忽ちに忿怒の那咤や滝行者
  • 滝行者簑のごとくに打ち震ひ
  • 行者去り滝光明をうしなひぬ
  • 滝行者今あつあつの昆布茶飲む
  • 花桐のこぼれし蕗の広葉かな
  • 花桐も雹も大地にはねかへり
  • ぼうたんを打つて大雹力抜け
  • 渓流を掃けばすぐ澄む蝉時雨
  • 蹌踉と夕立を見てをられしが
  • 夕立をいのち嬉しきたゝづまひ
  • 唐門のほとりに拾ふ桜んぼ
  • 梅雨久し野は雑草の階をなす
  • 大山門涼し群雀静まらず
  • 涼しさや沙弥も不逞の面構へ
  • 青蛙ぱつちり金の瞼かな
  • 朱ヶの月出て夏草の鋭さよ
  • 尾長来ていよよたわわの若楓
  • 水馬青天井をりんりんと
  • 水馬大法輪を転じけり
  • 菖蒲葺く庇の上に香取かな
  • 津の宮の鳥居に梅雨の鴎かな
  • 蛍火に象牙の如き杭ぜかな
  • 蛍火に水晶の杭ぎつしりと
  • 明滅のいづれ悲しき蛍かな
  • 風薫る鹿島の杉は剣なす
  • 杉美まし鹿島は風のかをる宮
  • 逆落し来て神泉の傾きぬ
  • 岩清水武甕槌も掬びけん
  • 岩清水いのちながしと杓を添へ
  • 大雷雨ばりばり芭蕉八つ裂きに
  • 雷撃つて電柱白磁飛ばしけり
  • 手に握り魚籃に投込むまでの鮎
  • 白日夢天道蟲の星数へ
  • 蛙早流転の調べえごの花
  • 昼蛙ラ行幽かにえごの花
  • 杜若濡鼠の子叱り抱き
  • まひまひや雨後の円光とりもどし
  • ふわふわと蛍火太く息づきぬ
  • 反射炉を守りて薔薇を剪り呉れし
  • 渓流に薔薇垣垂るる水車かな
  • 棕櫚蓑を着て薔薇垣を立ち出づる
  • 絶壁に弓張の畦塗れれけり
  • 炭竈の卯の花腐し恐ろしき
  • 梅雨雲にすみ竈の火ぞ黄なりけり
  • 湯壺青葉光明皇后あれたまへ
  • 黄鶺鴒瀬を渡り裸婦うしろむき
  • どくだみや真昼の闇に白十字
  • 向日葵の眼は洞然と西方に
  • 蛍火に多摩の横山眉引ける
  • 蛍火に真菰は髪の濃ゆさかな
  • 多摩の月妙にも蛍火を点じ
  • 月光に蛍雫のごとくなり
  • 大旱天智天皇の「秋の田」も
  • 炎天に青淵の風ふと立ちぬ
  • 青淵の上に御田の旱かな
  • 青淵に翡翠一点かくれなし
  • 大旱淵は瀬を吸ひ止まざりき
  • 鮎の瀬を淵へ筏は出て卍
  • 鐘楼に上りて菜殻火を見るも
  • 清浄と夕菜殻火も鐘の音
  • 菜殻火の襲へる観世音寺かな
  • 菜殻火の映れる牛の慈眼かな
  • 菜殻焼く火柱負ひぬ牛車
  • 夏薊礎石渦巻くおそろしき
  • アセチレン瓦斯の手入れよ月見草
  • 緑蔭に黒猫の目のかつと金
  • 籘椅子や心は古典に眼は薔薇に
  • 燎原の火か筑紫野の菜殻火か
  • 筑紫野の菜殻の聖火見に来たり
  • 菜殻火は観世音寺を焼かざるや
  • 都府楼趾菜殻焼く灰の降ることよ
  • 渓流も秋月城址栗の花
  • 笹粽ほどきほどきて相別れ
  • 噴水に雷奔り電馳せれども
  • 日輪を襲ふ雷雲薔薇の園
  • 噴水へ蜘蛛何故ぞこれの糸
  • 廓然と薔薇紅白にちりわかれ
  • かまつかの色の萠しの雷震ふ
  • 蛍高し筑紫次郎は闇にひそみ
  • 渡し来る一点の灯と蛍火と
  • 瀧壺に唐紅の蟹走る
  • 巌頭に砥石を置いて瀧小さし
  • 瀬と淵とならびて磧涼しさよ
  • 観世音菜殻火に掛けたてまつれ
  • 菜殻火に皆立ちたまふ佛達
  • 菜殻火焼く火柱立ちぬ榎寺
  • 菜殻火や天拝山の松は折れ
  • 神苑の四方より麦を打つこだま
  • 椎落花煩悩匂ふ無尽かな
  • 細道へ崖よりこぼれえごの花
  • 著莪の花仰ぐ青き日崖を洩り
  • 著莪の花崖の天日深緑
  • 桜んぼくろき雀のあたまかな
  • 栗の花白痴四十の紺絣
  • 明易き鶯聞きぬ二三日
  • でで虫ら舗道横ぎり牛乳来る
  • 花馬鈴薯鼠のごとく雀ゐて
  • 靄の視界電柱二本青トマト
  • 茄子もぐけはひは靄の不可視界
  • トゲ残るきのふの不快合歓に覚め
  • 月見草旦の露のみどりなる
  • 黄の上にみどりの露や月見草
  • 汗たぎちながれ絶対安静に
  • 夜もすがら汗の十字架背に描き
  • 三時打つ烏羽玉の汗りんりんと
  • 汗微塵身は冷静の憤
  • 夕立来と烏蝶飛び烏飛び
  • 芭蕉葉の露重畳の今朝は蒸す
  • 芭蕉葉の露集りぬ青蛙
  • 青蛙はためく芭蕉ふみわけて
  • 青蛙両手を露にそろへおく
  • 蝿を打つ神より弱き爾かな
  • 蝿打てば即ち蟻の罷り出づ
  • 兜虫み空を兜捧げ飛び
  • かたつむり露の葛の葉食ひ穿ち
  • 心頭の蝉みんみんといさぎよし
  • みんみんや鼻のつまりし涙声
  • 好きといふ露のトマトをもてなされ
  • 茄子汁の香に久濶の何も彼も
  • 老鶯に篁夕日青丹寂び
  • 蟻の列いま粛然と夕焼けぬ
  • 白牡丹われ縁側に居眠りす
  • ちり牡丹七花八裂して白磁
  • 玉の汗鳩尾をおちゆきにけり
  • 玉の汗簾なすなり背に腹に
  • 月見草ランプの如し夜明け前
  • まひまひの水輪に鐘の響かな
  • 杉の秀に炎天澄めり円覚寺
  • 鮎の尾の光る拳を上げて笑む
  • 老松の下に天道虫と在り
  • 日盛の汚れし鶴と写生子と
  • 栗の花ベンチに落ちてかく太し
  • 玉川の砂利に閊へて屋形船
  • 月島に煤けし雲の峰崩れ
  • 緑蔭に七宝の蝶紋をかくさず
  • 昼寝覚五重の塔ののしかかり
  • 昼寝ざめ身体髪膚百合に沁み
  • 空蝉のすがれる庵のはしらかな
  • 無為にしてひがな空蝉もてあそぶ
  • 朴の花匂ひあわゆき舌に溶け
  • 朴の花咲きしより夏寒き日の続く
  • 牡丹を垣間見賞めて行くことよ
  • はたた神過ぎし匂ひの朴に満ち
  • 多羅の葉にこぼれてえごの花盛り
  • 卯の花に昼の稲妻ただ黄いろ
  • 船窓わ掠めて鷭のしぶきかな
  • 潮急に植田は鏡より静か
  • 蛍火の鋭どき杭ぜ燃やしけり
  • 蛍火に幻の手を差し出しぬ
  • 桟橋の先にも菖蒲葺き垂れし
  • 馬鹿家鴨流れて早苗矢のごとし
  • 鯉幟ポプラは雲を呼びにけり
  • ほととぎす山家も薔薇の垣を結ふ
  • 紅薔薇に棕櫚蓑を捨ててあり
  • 温泉に沈み一寸法師明易き
  • 雷雨過ぎ大気冷たく空薔薇色
  • 緋の衣すてたる芥子は鉄十字
  • 我が魂のごとく朴咲き病よし
  • 天が下朴の花咲く下に臥す
  • 朴の花白き心印青天に
  • 朴の花猶青雲の志
  • 父が待ちし我が待ちし朴咲きにけり
  • 朴の花眺めて名菓淡雪あり
  • 朴散華即ちしれぬ行方かな
  • 洞然と雷聞きて未だ生きて
  • 夏痩せて腕は鉄棒より重し
  • 石枕してわれ蝉か泣き時雨
  • 朝顔に夢中になりし法師かな
  • 葛の花と聞きしが淋し下山道
  • 秋風や右に勝れし左の眼
  • 牛の舌に水鉄のごとし秋の暮
  • 秋風や酒量あがりし美少年
  • 草木慟哭昇れる月の赤さかな
  • 秋雨や佛と住みて深庇
  • 蟲鳴くや衣桁の袈裟の落ちゐる
  • 秋雨や温泉の香のつきし茗荷汁
  • 陰膳にこたへし露の身そらかな
  • 日輪の寂と渡りぬ曼珠沙華
  • 鶏頭や温泉煙這へる磧
  • 曼珠沙華印結ぶ指ほどきけり
  • 露の空薔薇色の朝来りけり
  • 露径深う世を待つ弥勒尊
  • 夜店はや露の西国立志編
  • 露散るや提灯の字のこんばんは
  • 巌隠れ露の湯壷に小提灯
  • 夜泣きする伏屋は露の堤陰
  • 親不知はえたる露の身そらかな
  • 白露に阿吽の旭さしにけり
  • 白露に金銀の蠅とびにけり
  • 露の玉百千万も葎かな
  • 白露をはじきとばせる小指かな
  • 白露に鏡のごとき御空かな
  • 金剛の露ひとつぶや石の上
  • 白露の漣立ちぬ日天子
  • 白露が眩ゆき土竜可愛らし
  • 日輪に露に土竜は掌を合せ
  • 露の玉ころがり土竜ひつこんだり
  • 秋暑し榎枯れたる一里塚
  • 新涼や白きてのひらあしのうら
  • そこはかと茶の間の客や秋の暮
  • 塔頭の鐘まちまちや秋の雨
  • 秋風や薄情にしてホ句つくる
  • 秋風や袂の玉はナフタリン
  • ちらちらと眼に金神や秋の風
  • この頃や寝る時月の手水鉢
  • 僧酔うて友の頭撫づる月の縁
  • 和尚また徳利さげくる月の庭
  • 月明し煙うづまく瓦竈
  • 葛飾の月の田圃を終列車
  • 月の道踏み申す師の影法師
  • 釣り人に鼠あらはれ夕月夜
  • 明月や碁盤の如き数珠屋町
  • 白樺の霧にひびける華厳かな
  • 牛乳を呼ぶ夜霧の駅は軽井沢
  • 観世音おはす花野の十字路
  • 釣人のちらりほらりと花野道
  • 釣針をひさぐ一つ家花野道
  • 秋の水湛へし下に湯壷かな
  • 頬白やひとこぼれして散りじりに
  • 露の玉大きうなりぬ鵙猛る
  • 猛り鵙ひうひう空へ飛べりけり
  • 御空より発止と鵙や菊日和
  • 下り鮎一聨過ぎぬ薊かげ
  • 蜩や早鼠つく御仏飯
  • 蜩に十日の月のひかりそむ
  • 蚯蚓鳴く六波羅密寺しんのやみ
  • 行楽の眼に柿丸し赤や黄や
  • 葡萄棚洩るる日影の微塵かな
  • 亀甲の粒ぎつしりと黒葡萄
  • 水満てし白き器に葡萄かな
  • 紅葉谷の上に巍々たり御本山
  • 石垣に固めし院の紅葉かな
  • 草花やはしりがきする水塔婆
  • 梵妻や芋煮て庫裡をつかさどる
  • 芋腹をたたいて歓喜童子かな
  • 八方を睨める軍鶏や芋畑
  • 芋の葉を目深に馬頭観世音
  • 肥担ぐ汝等比丘や芋の秋
  • 藪がしら自然薯の蔓たぐりそむ
  • 自然薯の身空ぶるぶる掘られけり
  • 水霜にまつたき芭蕉広葉かな
  • 土砂降りに一枚飛びし芭蕉かな
  • 舵のごとくに濡れし芭蕉かな
  • 明暗を重ねて月の芭蕉かな
  • 一帳羅やぶれてそめたる芭蕉かな
  • 破芭蕉猶数行をのこしけり
  • 金竜のだらりと消えし花火かな
  • 芋の葉の滂沱と露の面かな
  • 尾をひいて芋の露飛ぶ虚空かな
  • 露の玉走りて残す小粒かな
  • 露の玉をどりて露を飛越えぬ
  • 露微塵忽ち珠となりにけり
  • 椎拾ふ一掬の風手のひらに
  • 夕紅葉我が杖月のかげをひき
  • 蠅一つ良夜の硯舐ぶり居り
  • ひらひらと月光降りぬ貝割菜
  • かんばせを日に照らされて墓詣
  • 法師蝉しみじみ耳のうしろかな
  • 秋風に浴衣は藍の濃かりけり
  • 中空を芭蕉葉飛べる野分中
  • 月の道捨てし芒の穂先より
  • うち仰ぐ月さかしまに雲に乗り
  • 天心の小さき月の錐を揉む
  • 大露や芭蕉ほとぼる薄煙り
  • 老杉の髪のごとくに良夜かな
  • 鵙の野に鉄塔エレキ通はする
  • 鉄塔に電線に鵙多摩遙か
  • 草紅葉瑠璃光の水ひろごりぬ
  • 芭蕉葉や秋白日を照返し
  • 芝ありてこれに萩さく生駒山
  • お天守に鳶の鳴く日の墓詣
  • 詣づればお天守見ゆる父の墓
  • ちちははの墓に詣でて和歌めぐり
  • 秋晴れて鴎も眉毛あるごとし
  • 秋晴るゝ絶壁波の相をなす
  • 秋晴や波はなかりし片男波
  • するすると月の幹あり谷覗く
  • 通天の月の欄より谷覗く
  • 鵙なくやきらりきらりと紙屋川
  • 此石に秋の光陰矢の如し
  • 竜安寺塀の矢印茸山へ
  • 菊の香や芭蕉の繿褸金色に
  • 葉生姜やかりりかりりと露の玉
  • 啄木鳥や日の円光の梢より
  • 啄木鳥や日輪かくす幹不思議
  • 蟷螂や虻の碧眼かい抱き
  • 堂々と露の柱の芭蕉かな
  • りうりうとして逆立つも露の萩
  • 芭蕉葉に夕稲妻の火色かな
  • 粟の穂に韓紅の葉先かな
  • 掌に掬ふ陸稲の垂り穂軽きかな
  • 黄昏れし顔の案山子の袖几帳
  • がちやがちやや壺より黒き八重葎
  • きのふけふ法師蝉絶え澄む日かな
  • 月光の露打のべし芭蕉かな
  • いざよひや露の梨子地の青芭蕉
  • こほろぎの谺かへしの板間かな
  • 湯にひたる背筋にひたと蟲時雨
  • 桔梗に稲妻うすきほむらかな
  • 稲妻や雲の薬袋夕焼けぬ
  • 想念の穴ふかぶかと鉦叩
  • 十六夜の鋒鋩薄き雲間かな
  • 虫の音のひりりと触れし髪膚かな
  • 鉦叩驚破やと聴けど幽かな
  • 背に腹に竃馬とびつく湯殿かな
  • 芭蕉葉や白露絨し日に匂ひ
  • 日のひかり露の微に入り細に入り
  • 露の宿附箋の手紙届きけり
  • 掌中に栗の硬さの小気味よさ
  • 掌中の栗とて汗を握り〆め
  • 掌中の汗ばむ栗の肌の艶
  • 栗の肌黒本尊はてりたまふ
  • 墓の前低き紅葉の一枝なる
  • ちゝはゝの俄かに恋し曼珠沙華
  • 蒼穹を鵙ほしいまゝ曼珠沙華
  • 蟲の闇銀杏は乳房垂れにけり
  • 鏡花めく唐縮緬の案山子かな
  • 月の寺鮑の貝を御本尊
  • 甃硯のごとき良夜かな
  • 八ケ岳露の御空を噛みにけり
  • 芋の葉や露の薬研の露微塵
  • 葉月汐鴎の袂長きかな
  • 芋の露直径二寸あぶなしや
  • 青芭蕉一丈露を飛ばしけり
  • 露打つて翔りし影は天の鵙
  • 鵙猛り柿祭壇のごとくなり
  • 十三夜隴まつすぐに霧の這ふ
  • 霧の森島のごとくになりにけり
  • 少年よ芋の葉を打擲する勿れ
  • 白菊に今宵の酒をそとふくみ
  • 曼珠沙華三界火宅美しき
  • 露の萩魚鱗の如く沈みけり
  • 白桔梗稲妻の尾のみだれざる
  • 秋風裡炎に蔓を又加ふ
  • 鉦叩二つの鉦の揃はざる
  • 月光の膠着し水黝める
  • 嘶けば歯白き露の馬悲し
  • よよよよと月の光は机下に来ぬ
  • 身をほそめ飛ぶ帰燕あり月のそら
  • 夕空の土星に秋刀魚焼く匂ひ
  • うすきうすき有明月に鵙高音
  • 東天の紅消え行きて鵙曇り
  • 白露や月の金環かく細り
  • つゆよりも小さき菊の蕾み初む
  • 一斉に露凝る如く菊蕾む
  • 有明の月下に菊の輝きし
  • 菊日和シャベルや砂利を掻鳴す
  • 菊日和道を放射に環状に
  • 銀翼の光飛び来ぬ菊日和
  • 迎へ火や蜩近き雲割れて
  • 影法師孤の門火焚きにけり
  • 門火消えひとりのかげも消えにける
  • 大露の露の響ける中に立つ
  • 白露やうしろむきなる月見草
  • 今朝秋の露なき芭蕉憂しと見し
  • 露の葛風一面に丘を超え
  • あな白し露葛の葉のうらがへり
  • 白芙蓉暁けの明星らんらんと
  • 八重葎白露綿のごときかな
  • 月の面のきずかくれなし露の空
  • まつ蒼に朴立てりけり露の空
  • 一と筋に露の空ゆく鐘の声
  • 曼珠沙華今朝出頭す二寸かな
  • 三日はや一尺五寸曼珠沙華
  • また微熱つくつく法師もう黙れ
  • 秋風やささらの棕櫚の蠅叩
  • 野分して芭蕉は窓を平手打ち
  • 眼を射しは遠くの露の玉一つ
  • 秋風や稚子大声に待つ門に
  • 師ゐますごとき秋風砂丘ゆく
  • 秋風に我が肺は篳篥の如く
  • 秋風に砂丘に杖を突刺し立つ
  • こほろぎに拭きに拭込む板間かな
  • 月出でて四方の暗さや鉦叩
  • 露の葉と露の葉と相触れてをり
  • 刀豆も蟷螂も日々のびて行く
  • 白露も土塊もわかず貝割菜
  • 月出でしベンチに露の新聞紙
  • 鵯もおどろき我もおどろきぬ
  • 本門寺野分に太鼓打ちやめず
  • 野分跡暮れ行く富士の鋭さよ
  • 栗の顔目鼻正しく現るる
  • 曼珠沙華真赤で稲荷鮨食べる
  • 虫の音の身に近ければいとほしみ
  • 黄鶺鴒飛ぶ瀬を竹の皮走り
  • 芋畑狼藉と月照りこぼれ
  • かなかなの大音声や本門寺
  • 自然薯の花清貧とにはあらじ
  • 叢の露の大石息づきぬ
  • 朴を打つ秋雨手裏剣の如く
  • 鵙猛り裂けし生木の匂ひ甘
  • 鉦叩また絶壁を落ちし夢を
  • 金剛の露に蟷螂斧上ぐる
  • 練馬野の月大胆に真つ白に
  • 大銀杏黄はめもあやに月の空
  • かなかなや芭蕉廓然たる未明
  • 露の盾芭蕉広葉に隠れ栖む
  • 冬木立ランプ点して雑貨店
  • 躓きし石生きてとぶ枯野かな
  • 庫の中地獄に見ゆる焚火かな
  • 葬儀社のがらんどうなる寒さかな
  • 大いなる月おそろしき枯木かな
  • 初冬や夕月かかる御霊屋に
  • 初冬や竹の中なる柚一と木
  • 大根を引きたる穴の落葉かな
  • 時雨るるや馬車より低き小松原
  • 諸共に丸めて我身古衾
  • 清浄と仄かにぬくし古衾
  • 寒椿尿瓶を愛づるあろじかな
  • 風の子の一と群過ぎぬ虎落笛
  • チンドン屋流すよ冬の荏原郡
  • チンドンや枯原道に多々良踏む
  • 耳塚の前ひろびろと師走かな
  • 短日の照し終せず真紅ゐ
  • 大歳の常にもがもな弥陀如来
  • しぐるるや僧も嗜む実母散
  • 湯ぶねより一くべたのむ時雨かな
  • 時雨るるや又きこしめす般若湯
  • 涙ぐむ粥あつあつや小夜時雨
  • 夕粥や時雨れし枝もうちくべて
  • 鞘堂の中の御霊屋夕時雨
  • しぐるるや粥に抛つ梅法師
  • 袖乞のしぐれながらに鳥辺山
  • 時雨来と水無瀬の音を聴きにけり
  • かぐはしや時雨すぎたる歯朶の谷
  • 通天やしぐれやどりの俳諧師
  • しぐるるや目鼻もわかず火吹竹
  • 酒買ひに韋駄天走り時雨沙弥
  • しぐるるや笛のごとくに火吹竹
  • 梅擬つらつら晴るる時雨かな
  • しぐるるや日がな火を吹く咽喉仏
  • しぐるるや閻浮壇金の実一つ
  • 御僧や時雨るる腹に火薬めし
  • 時雨来と栴檀林にあそびをり
  • 小夜時雨開山さまはおきて居し
  • 鼠らもわが家の子よ小夜時雨
  • 時雨鳩わが肩に来て頬に触れ
  • 花を手に浄行菩薩しぐれをり
  • ぎつしりと金看板や寒の雨
  • 雪模様卒都婆の垣根をかためけり
  • 牡丹雪林泉鉄のごときかな
  • 雪晴の障子細目に慈眼かな
  • しんしんと雪降る空に鳶の笛
  • 月の雪あをあを闇を染めにけり
  • 物陰に月の雪あり一とちぎれ
  • 渦巻いて芒は雪を被り居り
  • 雪の上どつさり雪の落ちにけり
  • 霜ばしら選佛場をかこみけり
  • 霜柱ひつこぬけたる長さかな
  • 霜柱そだちし石のほとりかな
  • 凩の中に灯りぬ閻魔堂
  • 寒月の通天わたるひとりかな
  • 寒月や見渡すかぎり甃
  • 鐘楼や城の如くに冬の山
  • 氷る夜や抱きしめたる菩提心
  • 氷る夜の文殊に燭をたてまつる
  • 達磨忌や僧を眺めて俳諧師
  • 病僧やかさりこそりと年用意
  • 欄間より小夜風通ふ蒲団かな
  • ちびちびの絵筆また捨て日向ぼこ
  • 笹鳴や呪文となへて子守沙弥
  • いちはやき旭は輪蔵に寒雀
  • 銀杏散る童男童女ひざまづき
  • 寒椿線香の鞘はしりける
  • 枯薊心頭の花燃えにけり
  • うちなびき音こそなけれ枯芒
  • たらたらと日が真赤ぞよ大根引
  • 生馬の身を大根でうづめけり
  • 大根馬菩薩面して眼になみだ
  • 絃歌わく二階の欄も干大根
  • 大根引身を柔らかに伸ばしけり
  • 雲割れて朴の冬芽に日をこぼす
  • 白雪や潮のごとくあとじさる
  • 時雨来と大木の幹砥の如し
  • 熊笹のささへり白し時雨ふる
  • とび下りて弾みやまずよ寒雀
  • 寒月の砕けんばかり照しけり
  • 冬薔薇やがらんどうなる梅の幹
  • 寒雀もんどり打つて飛びにけり
  • 日輪に寒雀皆蝟のごとし
  • 木枯に真珠の如きまひるかな
  • 杉の穂に日の円光に冬は澄む
  • 冬紅葉堂塔谷に沈み居り
  • 氷る田の馬込は九十九谷かな
  • 氷る田に団扇太鼓は打たれけり
  • 笹鳴の隠密の声しきりなる
  • 荊棘の冠かづき笹鳴けり
  • 笹鳴や茨の刺の真紅
  • 笹鳴の眦振つて向きにけり
  • 朴落葉光琳笹を打ちにけり
  • 泰山木楕円の雪の晴れにけり
  • 寒詣白き袂の長さかな
  • 杉襖小春の紅葉かこひけり
  • しんかんと霜の日空のなごみけり
  • らうらうと泰山木は霜に照り
  • 日に霜に泰山木の葉の厚み
  • 霜光り泰山木の葉に流れ
  • 枯芭蕉三本の影相寄らず
  • 寒の土紫檀の如く拓きけり
  • 枯芒脚下に樅の梢かな
  • 月光に深雪の創のかくれなし
  • 月天へ雪一すぢや松の幹
  • 雪の原犬沈没し躍り出づ
  • しぐるゝや竃の中の不動尊
  • 大銀杏颪しやまざる焚火かな
  • 暦売南無観音の扉かげ
  • 洲に並ぶ千鳥に白帆矢のごとし
  • 十五夜の寒月梅の南谷
  • 寒月に光琳笹の皆羽撃つ
  • 紫の立子帰れば笹子啼く
  • 散紅葉交へて離々と初氷
  • 鵯谺高杉の穂を逆落し
  • 鵯や紅玉紫玉食みこぼし
  • 霜柱崖は毛細根を垂り
  • 紫の氷かなしや虎落笛
  • 時雨来と背の鉄兜撫で別れ
  • 薔薇色の空に鐘なる氷かな
  • 梵妻もまじりて時雨火燵かな
  • 烈風にぼんやり灯る枯木宿
  • 捨てし身や焚火にかざす裏表
  • スキーの子嬉々と華厳の滝の上
  • スキーの子バスに会釈や追縋り
  • 大華厳璃璃光つらら打のべし
  • 絶壁につららは淵の色をなす
  • 雪のせし流木岩にはさまりぬ
  • 蘭の根に蘭の如くにつららたれ
  • 寒月の岩は海より青かりき
  • 寒凪の夜の濤一つ轟きぬ
  • 風呂敷に落葉包みぬ母も子も
  • 懐手して躓きぬ老あはれ
  • 純粋に木の葉ふる音空は瑠璃
  • 朴落葉して洞然と御空かな
  • 極月の大南風吹く一と日かな
  • 石段の下に師走の衢あり
  • 冬紅葉南風吹く日にどつと散る
  • 冬紅葉一円相にちりつもる
  • 落葉掃了えて今川焼買ひに
  • 雪満ちて華厳の煙あたたかき
  • 男体山大き創痍の雪に晴れ
  • 牡丹雪陽明門をかくし得ず
  • 日光の娘等の晴着に雪さらさら
  • スキーの娘中禅寺湖を眼に湛へ
  • 焚火して金屏風裡にあるが如
  • 焚火あと光琳紅葉まきちらし
  • 焚火人知らずや栄華物語
  • 塔の森落葉煙の出し今朝よ
  • 墓の面落葉煙にこそはゆき
  • 上人の滅度の障子寒雀
  • 大木の中 咳きながら抜けて行く
  • 咳きながらポストへ今日も林行く
  • 五重塔の下に来りて咳き入りぬ
  • わが咳や塔の五重をとびこゆる
  • 寒林を咳へうへうとかけめぐる
  • 咳止めば我ぬけがらのごとくなり
  • 寒堂に光顔巍巍とおはします
  • 大寒の下品下生のおんみこれ
  • あかあかと木魚は寒きいきを吹き
  • 枯芝に九品浄土のみぢんたつ
  • 寒椿日輪まこと﨟たくて
  • ひと行くと躍り鞭打つ枯木影
  • 寒梢の日の相既に沈沈と
  • 御佛の金透く寒の格子とて
  • 銀鳩にほこりつかずよ寒寂びて
  • さるすべり肌理こまやかに寒の日に
  • 西方に﨟たき日あり寒の芝
  • 紺青の月夜なりけり寒旱
  • しぐるるや煙管つらぬく観世縒
  • しぐるるや灯連ねて稲荷山
  • 小走りに妻従へる寒詣
  • 提灯に幹するすると寒詣
  • 今日の日の黄なる落葉に逍遥す
  • 雪達磨草の庵をかためけり
  • 寒雀手毬のごとく日空より
  • 洲の千鳥筑波颪に向き並び
  • 洲に並ぶ千鳥のどれか鳴くもあり
  • 子千鳥の蜘蛛より軽く走るかな
  • するすると子千鳥蟹に走り寄り
  • 小春日の章魚は真赤に染められし
  • 寒の日の静かさ崖はこぼれつぎ
  • 綿入を脱げば妄想の鳥肌なり
  • 引かれたる葱のごとくに裸身なり
  • 我が背筋さらせば寒の日のやいば
  • 寒の日の今こそ我が背焼き給ふ
  • 膏肓ににやがて厳寒の日は徹れり
  • 丹田に満つ厳寒の日の光り
  • 厳寒の日は癪塊を解く了る
  • ひうひうと氷る夜の念彼観音力
  • 雪山を冠りつららの峡は裂け
  • 大谷川たぎち逆立つつららかな
  • 青淵に円満に雪の岩ありけり
  • 青淵に岩根のつらら沈み垂り
  • 雪山の底に方等般若落つ
  • 雪山の谺金輪際を這ふ
  • 耿々と氷るきりぎしいく重ね
  • 雪山の遠目に煙る林かな
  • 雪山の金色の線引くところ
  • 巌頭や兎の如き雪一握
  • 熊笹の雪刎ねてバス駆け上る
  • この冬を黙さず華厳水豊か
  • 紺青のつらら打ち落つ華厳かな
  • 瑠璃光の瑠璃よりあをきつららかな
  • 滝壺へ雪蹴つてわれ足駄がけ
  • 滝壺のつらら八寒地獄之図
  • 斧冴えて立木を作仏したまへり
  • 斧は冴え立木はこれの観世音
  • 雪の中膏の如き泉かな
  • 雪の中金剛水を汲む乙女
  • 神橋の下寒の水あをかつし
  • 凧一つ上りて今朝の含満ケ淵
  • 雪山の麓のポスト尊くて
  • 眠る山廟の極彩打守り
  • 眠る山陽明門をひらきけり
  • 冬山の廟の極彩ものいはず
  • お地蔵は笑み寒月の父の墓
  • 寒の鯉金輪際をうごかざる
  • 寒月の一太刀浴びて火の如く
  • 寒月のらんらんとして怒れるか
  • 金屏風立てしがごとく焚火かな
  • 白日の下に卒塔婆を折り焚きぬ
  • 宗達銀杏光琳紅葉焚火あと
  • 墓は日々落葉燻しにあひつれど
  • 良寛の手鞠の如く鶲来し
  • 笹鳴やたかし来し日は光り飛び
  • 枯野とはいへども鋪道月照りて
  • 咳き込めば谺返しや杉襖
  • 火の玉の如くに咳きて隠れ栖む
  • 咳我をはなれて森をかけめぐる
  • 我が咳に伽藍の扇垂木撥ね
  • 昇天の竜の如くに咳く時に
  • 竜の如く咳飛び去りて我悲し
  • 咳き込めば夜半の松籟又乱れ
  • 咳止んでわれ洞然とありにけり
  • 散紅葉草の庵の屑を売り
  • 極重に肩身に寒ののしかかり
  • 玉霰幽かに御空奏でけり
  • 玉霰錦木の実もうちまぢへ
  • 降り止んでひつそり並ぶ霰かな
  • 玉あられまこと小さくちいさくて
  • 咳かすかかすか喀血とくとくと
  • そと咳くも且つ脱落す身の組織
  • 冬晴れを我が肺は早吸ひ兼ねつ
  • 冬晴をまじまじ呼吸困難子
  • 冬晴をすひたきかなや精一杯
  • 病床の手鏡笹子生写し
  • 病床の手鏡に逆枯芭蕉
  • 日天子寒のつくしのかなしさに
  • 寒のつくしたづねて九十九谷かな
  • 寒の野につくしをかほどつまれたり
  • 寒の野につくしつみますおんすがた
  • 蜂の子の如くに寒のつくづくし
  • 約束の寒の土筆を煮て下さい
  • 寒のつくしたうべて風雅菩薩かな
  • 金柑百顆煮て玲瓏となりにけり
  • 金柑は咳の妙薬とて甘く
  • 普門品よみをれば咳いでざりき




川端茅舍 プロフィール

川端 茅舎(かわばた ぼうしゃ、1897年8月17日 - 1941年7月17日)

おすすめの記事