河合曾良の俳句




河合曾良の俳句一覧

未分類

  • 杲鳥や明はなれ行二子山
  • 象潟や料理何くふ神祭
  • 月鉾や児の額の薄粧
  • むつかしき拍子も見えず里神楽
  • 浦風や巴をくづすむら鵆
  • 松島や鶴に身をかれほとゝぎす
  • 破垣やわざと鹿子のかよひ道
  • 終夜秋風きくや裏の山
  • いづくにかたふれ臥とも萩の原
  • 向の能き家も月見る契かな
  • 大峯やよしのの奥の花の果
  • 涼しさや此菴をさへ住捨し
  • 病僧の庭はく梅のさかり哉
  • しら浜や何を木陰にほとゝぎす
  • 熊野路やわけつつ入れば夏の海
  • こねかへす道も師走の市のさま
  • くるしさも茶にはかつへぬ盆の旅
  • 琴碁書画それにもよらず老の春
  • 一年を高でくくつて初夜明
  • 元日やこがねの鞍に馬白し
  • 蒔捨て自然とけふはわかな哉
  • 象潟や苫屋の土座も明やすし
  • 月山や鍛冶が跡とふ雪清水
  • 剃捨て黒髪山に衣更
  • 汗の香に衣ふるはな行者堂
  • 蚶潟や幾世になりぬ神祭
  • 湯殿山銭ふむ道の泪かな
  • 卯のはなに兼房見ゆる白毛哉
  • 卯の花をかざしに関の晴着かな
  • 風蘭の先や蘇鉄の八九本
  • 撫付し白髪のはねる秋の風
  • 国々に案山子もかはる姿かな
  • むかしとや二人行脚の盆せしか
  • かさねとは八重撫子の名成べし
  • 三日月や影ほのかなる抜菜汁
  • 膝折るやかしこまり鳴く鹿の声
  • なつかしや奈良の隣の一時雨
  • 一つ戸や雀はたらく冬がまへ
  • 畳めば我が手のあとぞ紙衾
  • かれの塚もてなせけふのあさ霙
  • 侘しさや大晦日の油売り

河合曾良 プロフィール

河合 曾良(かわい そら 慶安2年(1649年) - 宝永7年5月22日(1710年6月18日)頃)



おすすめの記事