春の季語「桜(さくら)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「桜(さくら)」の解説

桜は、古くから日本人に愛されて詩歌に歌われてきた花です。もともと、山野に桜は野生種として自生していましたが、栽培種のソメイヨシノが江戸末期から明治に生まれました。

春の季語「桜(さくら)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

染井吉野(そめいよしの)/深山桜(みやまざくら)/大島桜(おおしまざくら)/大山桜(おおやまざくら)/牡丹桜(ぼたんざくら)/里桜(さとぞくら)/茶碗桜(ちゃわんざくら)/南殿(なでん)/丁字桜(ちょうじざくら)/目白桜(めじろざくら)/豆桜(まめざくら)/富士桜(ふじざくら)/ははか/上溝桜(うわみずざくら)/金剛桜(こんごうざくら)/犬桜(いぬざくら)/しおり桜(しおりざくら)/左近の桜(さこんのさくら)/雲珠桜(うずざくら)/楊貴妃桜(ようきひざくら)/秋色桜(しゅうしきざくら)/朝桜(あさざくら)/夕桜(ゆうざくら)/桜月夜(さくらづきよ)/嶺桜(みねざくら)/庭桜(にわざくら)/家桜(いえざくら)/若桜(わかざくら)/姥桜(うばざくら)/桜の園(さくらのその)

春の季語「桜(さくら)」を使った俳句一覧

春の季語一覧



おすすめの記事