青木月斗の俳句




青木月斗の俳句一覧

未分類

  • 春愁や草を歩けば草青く
  • 天心あり今年の寒厳し
  • 囀つて囀って野を曇らしぬ
  • 行年や空地の草に雨が降る
  • 人こまぬ夜汽車なれども凍てにけり
  • カナリヤの鳴き止まばこそ日の永き
  • 秋の暮近所探して子の居らぬ
  • 池尻の藻や花白き夕月夜
  • 横になれば眠ってしまふ蟲遠音
  • 開帳の寺覗き行く野かけ哉
  • 川行水山に夕つつ光りけり
  • 北風や浪に隠るゝ佐渡島
  • 聖旦や蒼生の賀に
  • 百合の蕾狐の顔に似たる哉
  • 菊の燭風露動いて瞬す
  • 嵯峨硯磨って時雨の句を止む
  • ささ波や志賀の太湖の秋の晴
  • 我庭は梅の落花や初桜
  • 其棚に泣きかたりたる雛のぬし
  • 彼岸会や南に霞む天王寺
  • 春の雪楼上に見る川青き
  • 雲飛べば野は雪近し梅の花
  • 江の島の風雨に春の寒さ哉
  • 田楽を焼く火起しぬ桃の陰
  • 桃提げて伏見の戻り夕月夜
  • 山里や日が暮れてより春の闇
  • 汝が妻は椿の花の島少女
  • 中国の探題なれやさくら鯛
  • 舟行や青螺を縫うて風薫る
  • 渓川に沿うて入りけり山茂り
  • あるじ塗りし壁とよ冬の趣に
  • 春酒満酔尚も許さず鯛茶漬
  • 日本に一つの山や雪初日
  • 蕪村忌や蕪村の像を誰が作る
  • 老師一喝狸乍ち油壷
  • 雪霏々と夜半の都の燈哉
  • 時鳥朝夕べに山三日
  • 飈々と天巻き地まく風や夏
  • 秋風の夜すがら鬼哭啾々と
  • 蟲しぐれ酒の睡りがつきにけり
  • 今年水年蟻が畳にのぼりゐし
  • 太閤の余憤とばかり残炎に
  • 父が魂もみ国を護る身にぞしむ
  • 江戸橋に立ちて水見る夏めきぬ
  • 風鈴の音そはへゐる大雨哉
  • 草いきれ笠の中なる顔襲ふ
  • 行平にたく粟粥や今朝の秋
  • 秋水に須落したる顔洗ふ
  • 内堀に映る櫓や風光る
  • 雨蛙鳴きくるるに雨降らず
  • 雨蛙汝一人ぬれ色に
  • 盞に火蛾は金沙を降らしけり
  • 旅暑し難行苦行打重ね
  • 竹林に鶏白し秋の風
  • 萩伏して霖雨やうやく霽れんとす
  • 大陸に南の海に大初日
  • 断々乎断々乎たり冬の雷
  • 東風万里昭南島は生れたり
  • 山中居雪中居夜は狐鳴く
  • 初午の佐多山雪の飛びにけり
  • 煎薬の匂ひ親しく春めきぬ
  • 南座は誰来てゐるや床涼み
  • 蟹の子の此処にも遊ぶ湯殿かな
  • 藷掘て麦の用意や片山家
  • 元旦や暗き空より風が吹く
  • 城頭に大阪を観る霞かな
  • 山深み幽禽鳴いて水涸るる
  • 百千鳥百囀りに山曇る
  • 舟中に山を仰ぐや青嵐
  • 蕪村忌や蕪村を知れる人や誰
  • 麗や女々を顧る
  • 大阪の川の天神祭かな
  • 掘られたる泥鰌は桶に泳ぎけり

    青木月斗 プロフィール

    青木 月斗(あおき げっと、1879年(明治12年)11月20日 - 1949年(昭和24年)3月17日)



    おすすめの記事