新年の季語「新年(しんねん)」を使った俳句一覧




新年の季語「新年(しんねん)」の解説

新年は、1年の最初のことをいいます。暦によって1年の最初をどこにするかは違っています。古くから日本で使われてきた旧暦では、新年は立春のころにしていました。

新年の季語「新年(しんねん)」子季語・関連季語・傍題・類語など

年の始(としのはじめ)/あらたまの年(あらたまのとし)/新しき年(あたらしきとし)/あらたしき年(あたらしきとし)/改まる年(あらたまるとし)/迎うる年(むかうるとし)/若き年(わかきとし)/年明く(としあく)/年立つ(としたつ)/年立ちかえる(としたちかえる)/年変る(としかわる)/年の端(としのは)/年の花(としのはな)/年頭(ねんとう)/初年(はつとし)/新歳(しんさい)/改年(かいねん)/甫年(ほねん)/年初(ねんしょ)

新年の季語「新年(しんねん)」を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事