井上井月の俳句




井上井月の俳句一覧

  • 用のなき雪のただ降る余寒かな

未分類

  • ひとつ星など指さして門すずみ
  • よみ懸けし戦国策や稲光
  • 旭(ひ)は浪を離れぎはなり鷹の声
  • 芋掘りに雇はれにけり十三夜
  • 乙鳥(つばくろ)や小路名(こじな)の多き京の町
  • 何処やらに鶴の声きく霞かな
  • 岩が根に湧く音かろき清水かな
  • 寄せて来る女波男波や時鳥
  • 玉苗や乙女が脛(はぎ)の美しき
  • 駒ヶ根に日和定めて稲の花
  • 降るとまで人には見せて花曇
  • 今日ばかり花も時雨よ西行忌
  • 菜の花の小径を行くや旅役者
  • 山笑ふ日や放れ家の小酒盛
  • 時雨るや馬に宿貸す下隣
  • 若鮎の瀬に尻まくる子供かな
  • 手元から日の暮れゆくや凧
  • 手枕の児にちからなき団扇かな
  • 酒さめて千鳥のまこときく夜かな
  • 酒となる間の手もちなき寒さ哉
  • 秋風や身方が原の大根畑
  • 舟を呼ぶこゑは流れて揚雲雀
  • 春の野や酢みそにあはぬ草の無
  • 春雨や心のままのひじ枕
  • 春風に待つ間程なき白帆哉
  • 春風や碁盤の上の置き手紙
  • 初空を鳴きひろげたる鴉かな
  • 初時雨からおもひ立首途(かどで)かな
  • 松の雪暖かさうに積りけり
  • 乗合の込日を鐘の霞けり
  • 寝て起て又のむ酒や花心
  • 水際や青田に風の見えて行く
  • 船を呼ぶこえは流れて揚雲雀
  • 霜除ける菊や小庭のしき松葉
  • 鷹匠の涕(はな)すすり込(こむ)旭かな
  • 淡雪や橋の袂(たもと)の瀬田の茶屋
  • 遅き日や碁盤の上の置手紙
  • 蝶に気のほぐれて杖の軽さかな
  • 天竜や夏白鷺の夕ながめ
  • 塗り下駄に妹(いも)が素足や今朝の秋
  • 梅が香や流行(はやり)出したる白博多
  • 飛ぶ星に眼のかよひけり天の川
  • 富士にたつ霞程よき裾野かな
  • 風涼し机の上の湖月抄
  • 名月や院へ召さるる白拍子
  • 明日知らぬ小春日和や翁の忌
  • 迷い入る山に家あり蕎麦の花
  • 目出度さも人任せなり旅の春
  • 柳から出てゆく船の早さかな
  • 落ち栗の座を定めるや窪溜まり
  • 涼しさの真ただ中や浮見堂

井上井月 プロフィール

井上 井月(いのうえ せいげつ、文政5年(1822年) - 明治20年2月16日(1887年3月10日)

おすすめの記事