臼田亞浪の俳句




臼田亞浪の俳句一覧

  • 立春の朝霧しづる枯枝かな
  • 木より木へ通へる風の春浅し
  • 春寒や生姜湯かぶる風邪籠
  • 葱掘つて土ぼそぼそと春寒
  • 春寒う机かすめて日の消えし
  • 春寒の竹さわがしくなる夜かな
  • 春寒の夜の雲燃ゆるまがまがし
  • 如月の烈風釘を打つ音す
  • 啓蟄の虫におどろく縁の上
  • 蝗ばつた彼岸の野川流れたり
  • 行く雲の心を誘ふ暮の春
  • 行春の日向埃に商へり
  • 春惜む心に遠き夜の雲
  • 浅間ゆ富士へ春暁の流れ雲
  • 暖かや首のべて駱駝うづくまる
  • 夜明けから雀が鳴いて暖か
  • 石蹴りの筋引いてやる暖か
  • 掌にとつて草葉のうごく暖か
  • 萱の根の甘さ噛み居る暖か

未分類

  • ざうざうと竹は夜を鳴る春山家
  • ひとへもの径の麦に刺されたり
  • ふるさとは山路がかりに秋の暮
  • コスモスへゆきかまつかへゆき憩ふ
  • 今日も暮るる吹雪の底の大日輪
  • 元日や日のあたりをる浅間山
  • 地の果ゆ草枯れ寄する二克山
  • 墓起す一念草をむしるなり
  • 天風や雲雀の声を絶つしばし
  • 宵々に雪踏む旅も半ばなり
  • 家をめぐりて今年の夕日おくるなり
  • 日あたって来ぬ綿入の膝の上
  • 木曽路ゆく我も旅人散る木の葉
  • 榠櫨咲くと見て眠りたり霽れてをり
  • 氷曳く音こきこきと杉間かな
  • 淡雪や妻がゐぬ日の蒸し鰈
  • 燈籠のわかれては寄る消えつつも
  • 草原や夜々に濃くなる天の川
  • 郭公や何処までゆかば人に逢はむ
  • 長城の月落日を追ふさまに
  • 雪散るや千曲の川音立ち来り
  • 鵯のそれきり鳴かず雪の暮
  • 七種や薺すくなの粥すする
  • 初鶏や庫裡の大炉の火明りに
  • 枯葉鳴る静かさに居りお元日
  • 萬歳の鼓森一つ隔てたり
  • 枯枝の日のちりちりに羽子の音
  • 元朝の日がさす縁をふみありく
  • 手毬子よ三つとかぞへてあと次がず
  • すこし早く起きてさむかりお元日
  • 舞ひ猿の人を見る眼ぞいとけなき
  • 空たかき風ききながら雑煮膳
  • 初明り火鉢の焔立ち来けり
  • 元日の石蕗にすさべり伊豆の海
  • 富士皓といよよ厳しき年は来ぬ
  • 松の上の雪しづりそめ年来り
  • 松すぎや東京は風荒くして
  • 山吹ののこらず咲いて霖雨かな
  • 藤咲いて碓氷の水の冷たさよ
  • 蘆芽ほぐれて汐泡の離れゆく
  • 我が影に家鴨寄り来ぬ水の春
  • 岬黒み来し風前の帰雁かな
  • げんげ田や鋤くあとよりの浸り水
  • 雲雀落つ谷底の草平らかな
  • 蒲公英の毛花吹くほどの風に立つ
  • 隣から吾子呼んでをり沈丁花
  • 朝寝して犬に鳴かるる幾たびも
  • かざす手の血の色ぞよき啼く雲雀
  • 春風や軽塵ほのと路の草
  • 落花相寄るたまゆらの風ほのか
  • 垣の山吹咲けばむしるよ行きずりに
  • 日も春の浅間根つづる桃櫻
  • 風落つるさまなき夕日照る辛夷
  • 水辺ゆく心ひろしも鳴く雲雀
  • 石楠花に手を触れしめず霧通ふ
  • 春やゆく夜は夜わびしき路の草
  • 囀りの一木が日向つくりをり
  • 夕暮の水のとろりと春の風
  • 壁かげの雛は常世に冷たうて
  • 山の椿小鳥が二つかくれたり
  • 曙や露とくとくと山桜
  • 死ぬものは死にゆく躑躅燃えてをり
  • 豆雛が箪笥の上に忘られて
  • 雛箱の紙魚きらきらと失せにけり
  • 干潟遠く雲の光れる暮春かな
  • 逆潮のひびき鳴門の春暮れつ
  • 陽炎の草に移りし夕べかな
  • 北が吹き南が吹いて暮るる春
  • 天風が雲雀の声を絶つしばし
  • 山桜白きが上の月夜かな
  • ほくほくと馬がおり来る山桜
  • 雛の節雲ひかひかとゆきにけり
  • 花片の一と筋になり流れけり
  • 空まろくかかり木々の芽やはらかし
  • 昼深く野霞屋根に寄ゐけり
  • はくれむの翳をかさねて日に対ぬ
  • かすみ来ぬ芽の疾きおそき楢櫟
  • 木蓮に風雨の声の昏くなる
  • うつつつと雨のはくれむ瓣をとづ
  • はくれむのひたすら白く夜にありぬ
  • 日高しやおのづとけぶる松花粉
  • ゆく春の夜の迅雷の躬にふるふ
  • さくら咲き常磐木ふかき彩そふる
  • 非時の雪はくれむすでに錆ふかき
  • 子雀の声切々と日は昏し
  • 雛仕舞ふ朝を雪吹く廂かな
  • ちちこ草ははこ草野川温みたり
  • 花散らふ夕風寒し山を前
  • しじみ花雪のごとくに朝は冷ゆ
  • 淡雪や女雛は袂うち重ね
  • 春泥をゆく声のして茜さす
  • はくれむや起ち居のかろき朝来り
  • 焼け残る塀の日向の薺かな
  • 花舞うて焦土の電車途絶えたり
  • 潮泡のつぶやきを聴く春の風
  • 四月馬鹿真顔さらして花のもと
  • 子雀の三つかたまりて鳴けば鳴く
  • 子雀をいつくしむ鞄投げ出して
  • 薊咲き下田通ひの船がゆく
  • 夕花菜帰漁の唄のはずみ来よ
  • 塩辛にひしほに春の来にし夜ぞ
  • トランプに或る夜はむつぶ春めけり
  • 白れむやあしたの霜を語り過ぐ
  • 白れむに夕日の金の滴れり
  • あと追へるひよこにすくむ子よ麗ら
  • 黙々と土塀つらなり花垂るる
  • 蔭の花春蘭の香に眼を見はる
  • 木蘭の崩れぬかるみ往きまどふ
  • 芽木林たまたま雷の雲垂りつ
  • 工場裏湫なし雨の春ゆくか
  • 雲雀あがるあがる土踏む足の大きいぞ
  • 岩床走る水の冷たき崖椿
  • 潮あとの海月とろけつ昼霞
  • 涸れ沼の芦けぶり居る野焼きかな
  • 畦切れば螻夥し春の水
  • 芦生ふるかぎり潮押す 朧かな
  • この沢の真清水の 芹誰ぞ摘まむ
  • 春風や動くともなき雲一片
  • 苔水を蜂ふくみ去りふくみ去る
  • 残り菜の紫深き雪間かな
  • 闇の空よりちらちらと花散り来たり
  • 石楠花の山気澄まして暮れゆくか
  • 夜桜や空の深さに面さらす
  • 木の芽の息が青空に立ち昇るなり
  • 浜道や砂の下なる残り雪
  • 水のなき川ばかりなる昼霞
  • 夕蛙旅はさびしと誰がいへる
  • 駒鳥の声水は常世に碧くして
  • 山吹や庭の隅からくらくなる
  • 屋根の上に凧来てをりし春の風
  • 良寛さまの山への道よ巣鳥啼き
  • 雛の眼の遠い空見ておはすなり
  • 春雨のえにしだの素直なる青さ
  • 鉄橋へ春水のかげさわがしき
  • 山桑の花白ければ水応ふ
  • 夢安からむ今宵蛙の諸声に
  • 言問はむ真間の芦洲に啼くげげす
  • 巣にくだる鷺のもろ羽の碧みさす
  • 風青く鱒の子はやも人に怖づ
  • 山鴬の木魂の深く雪照らふ
  • 春愁の幻像失せて眠りたり
  • うまご泣きやめり桜草日をふくむ
  • うまごの耳の敏くなりしよ南風吹く
  • 谷底に田打てる見えて一人なり
  • 寒戻り雛の眠りも浅からむ
  • 石楠花のまざまざと夢滅びぬる
  • 山蛙けけらけけらと夜が移る
  • 巌父とす大雪山の照りかすみ
  • 白竜の地軸をゆする芽を誘ふ
  • 鐘や響かん昼風の虻うなり
  • 桑摘みの昼をもどるや雲の峰
  • 闇の底に沈みゆく心鳴く蚊かな
  • 打水や砂に滲みゆく樹々の影
  • 蝉時雨山坊巒気とざしたり
  • 山蝉や霧降る樹々の秋に似て
  • 馬虻の氷室口までつき来り
  • 月あらぬ空の澄みやう月見草
  • 鳩啼いてひとり旅なる山の麦
  • 蛍呼ぶ子の首丈けの磧草
  • 水馬底藻に深さはかられず
  • 日かげなき暑さに堪へて歩むなり
  • 高芦に打ち込む波や青嵐
  • 鳰鳴くや水も夏なる雲の影
  • 泰山木の大き花かなにほひ来る
  • 炎天の石光る我が眼一ぱいに
  • 涼風や寄る辺もとむる蔓のさま
  • 蚊に暮れし草家草家の傾ぎざま
  • 甘草の花がのけぞり青薄
  • 蛾打ち合ふ音にはなれて眠りたり
  • 郭公やどこまで行かば人に逢はむ
  • 秋近き雲の流れを簾越しかな
  • 山霧に蛍きりきり吹かれたり
  • 青田貫く一本の道月照らす
  • 遠つ祖ここらや漕げる松涼し
  • 青い蚊の髭もつてゐてつままるる
  • こんこんと水は流れて花菖蒲
  • 卯の花の夕べの道の谷へ落つ
  • 暗きより浪寄せて来る浜納涼
  • 月涼し吹かれて雲のとどまらず
  • 山の月雨なき麦を照らしけり
  • 行水や月に吹かるるあばら骨
  • 暮れゆくや海光荒き穂麦原
  • えにしだの夕べは白き別れかな
  • 春蝉の声引き潮も音もなく
  • 山蝉やかちりかちりと竹を伐る
  • するが野や大きな富士が麦の上
  • 浪の音島山の麦熟れにけり
  • 照り雲や那谷の巌々白きさへ
  • 梅の実の二つ三つほど家かげかな
  • 月見草別れてのちの山霧は
  • 夏羽織着て下町へ妻とかな
  • 浅草の鰻をたべて暑かりし
  • お祭の店さきの西日となりぬ
  • 戻り梅雨寝てゐて肩を凝らしけり
  • 牡丹見てをり天日のくらくなる
  • 筍に嵯峨の山辺は曇りけり
  • 夜みじかき枕に落つる山の声
  • 浅間猛る日々を黄ばめり山の麦
  • 河鹿啼く水打つて風消えにけり
  • うぶすなの昔の榎茂れども
  • よしきりの現れて啼く草嵐
  • 網に入るあをさばかりや梅雨曇り
  • 白凪に鼻の日焼の見られけり
  • 杉の鵜が竹の鵜を呼ぶ日暮かな
  • 植ゑ上げて夕べ田原のしんとしぬ
  • 青し国原梅雨雲のひらかむとして
  • よし雀お祭船へ啼きかはし
  • 島影の常世に眠り照りかすむ
  • 草蝉のあはれは硫気草あふつ
  • 沖は白浪島蝉声を絶ちにけり
  • 豌豆摘み下田通ひの船に佇つ
  • 山蛙常磐木落葉時しらず
  • はじいてもまた来る蟻に汗しけり
  • 雷近く林相翳を深うしぬ
  • 山宿の壁に紛らふ蛾なりけり
  • 山雷や毛野の青野に人も見えず
  • 天ゆ落つ華厳日輪かざしけり
  • 睡蓮の花沈み今日のこと終へず
  • 帰還兵病めり熟れゐる山の麦
  • 飼屋妻郭公啼いてねむげなる
  • ほととぎす山の節会の燈も稀に
  • 夏萩の花のともしく夕すだれ
  • 信濃路や田植盛りを雲さわぎ
  • ふるさとへ来てうつしみの夏炉擁す
  • 墓掃いて穂麦の風にむせびけり
  • 小さき蟻机の縁を二度めぐりぬ
  • 睡蓮にぴりぴり雷の駈りけり
  • 心澄めば怒濤ぞきこゆ夏至の雨
  • 雲悠かなれや五月の蝉の声
  • 穂麦原日は光輪を懸けにけり
  • 籠蛍ほのに照らせる薔薇白し
  • 禁煙す夏至の夕べのなど永き
  • 浴衣着に篁風の澄めりけり
  • 忍べとのらす御声のくらし蝉しぐれ
  • 雹の音こころに昏く麦ありぬ
  • 降りかけの雲慌し昼の蝉
  • 蚊帳吊つて外気の冷えにまどろめり
  • 葉かげの蛾見出づ夕風到りけり
  • 夜は秋の風鈴鳴つて月いざよふ
  • うつつ寝の妻をあはれむ夜の秋
  • 頼めなき妻の命よ死蛾見出づ
  • 雷とどろ睡蓮は閉ぢ終んぬる
  • 懶しやたわたわ沈む梅雨の蝶
  • 黒南風や栗の花紐垂りしづる
  • 炎天の蝶黄塵に吹かれけり
  • 泥棒市のぼそぼそな木も若葉して
  • 若葉曇り夜は梟の啼き合へる
  • 初風の十勝国原麦は黄に
  • 黴臭な夜の壁かげに圧されけり
  • 夕凪や濱蜻蛉につつまれて
  • ダリア大輪崩れて雷雨晴れにけり
  • 鵜の嘴のつひに大鮎をのみ込んだり
  • 舌さらさらといつまで残る茗荷の香
  • 雨霧らふ若葉の中の椎若葉
  • 一ところ風見ゆる山の青葉かな
  • 山清水魂冷ゆるまで掬びけり
  • 花桐の紫はしる雷雨かな
  • のうぜんの暮れて色なし山の家
  • ががんぼのもげたる足の本の上
  • 蝙蝠や町の夕べは人くさき
  • 花桐や海は音なく照りまさり
  • 牡丹崩れぬ手にとつて見るべしや
  • 月涼しわれは山の子浅間の子
  • その昔代々木の月のほととぎす
  • ほととぎすふるさとの夜の夢浅く
  • 螢ゆく磧の果ての夜の雲
  • 草深く道失へる暑さかな
  • 藻の花に水死の夢を想ひけり
  • 夏雲の伸びて暮れ来ぬ牡蠣筏
  • 春蝉やはるかなりける椎の空
  • 蝉や時雨れむ高津乙女が衣濯ぐ
  • 濁流に花かざしゐるよ月見草
  • 花氷やせて西日の深かりぬ
  • 放つ蛾のきららが指紋見せにけり
  • 山椒魚に真清水今も湧き流れ
  • 浅間見えねばひたに聞き澄む遠郭公
  • 妻病めば目の覚めがちに蚊の声す
  • 花桐の香や嬌声の路阻む
  • 西へ西へ吹かれ峯雲の聳ち消ゆる
  • 梅雨荒れの浪に吹かれて浜鶺鴒
  • 海いよよさわだち梅雨の雷近し
  • 梅雨気だち薪の渋ると妻が言ふ
  • 中だるみせし梅雨のわが七変化
  • 日天やくらくらすなる大向日葵
  • 水涼し毬藻に鱒のひらめきて
  • 山蝉や雄阿寒雲を呼んで聳つ
  • 山蝉の声澄み徹り散る葉あり
  • 涼しさは葛飾乙女真菰刈る
  • 千年の礎を吹く青嵐
  • 大原女はすつすつとゆく青嵐
  • 秋もはや墓門の萩の散りがてに
  • 軍絵の廻り燈籠売れにけり
  • 林中の宮に燈ともる野分かな
  • 迎火の燃えうつりたる芒かな
  • 秋海棠水引草の露けしや
  • 街の燈の一列に霧うごくなり
  • 秋の燈の白さ人形つくりをり
  • 栂風も添ふ山鳴りや霧の中
  • 蟲野来てうしろになりし水音かな
  • 畑人に鳥影落つるすすきかな
  • 炬火照らしゆく霧原の水音かな
  • 新涼や一ト日鎖す戸の虫鳴いて
  • 宵月の出汐の踊はずみ来し
  • 祖母在ますごとに灯籠を吊りにけり
  • 初嵐穂蘆の外に鰡飛んで
  • 垂れ毛虫皆木にもどり秋の風
  • 影富士の消えゆくさびしさ花芒
  • 山風の涼しさ過ぎぬ満つる月
  • 話声奪ふ風に野を行く天の川
  • 七夕や灯さぬ舟の見えてゆく
  • 盆東風に暮れて涼しき浜火かな
  • 月今宵いづこにかゆく犬の魂
  • 旅の日のいつまで暑き彼岸花
  • 秋の日をとどめて松の響きなし
  • 霧に影なげてもみづる桜かな
  • 霧よ包め包めひとりは淋しきぞ
  • きりぎりす夜の遠山となりゆくや
  • 壁の崩れいとどが髭を振つてをり
  • 焼原の日も暮れてゆく秋の風
  • 焼け跡の草あれば露あげてゐる
  • かたまつて金魚の暮るる秋の雨
  • 柱鏡に風見えてゐる朝寒し
  • 竹山の竹のひしめき天の川
  • 漕ぎ出て遠き心や虫の声
  • 門の菊西日の人の澄みゆける
  • 一心に虫は啼くのみ日が炎えて
  • 蜩やどの道も町へ下りてゐる
  • 雨戸ひく時こほろぎのころげ落ちたり
  • 庭の土青くなりたる月夜にて
  • ころころはころころと鳴く雨の宵
  • 暁深く萩おのづからみだれけり
  • 燈も秋と思ひ入る夜の竹のかげ
  • 有明やすすきの中の畑づくり
  • けふの日の朝顔の朝ながかれや
  • 児らゐねば窓に蜻蛉ねむらせつ
  • 暮れてゆく秋の出水の戸口まで
  • 沼楓色さす水の古りにけり
  • 滝とどろとどろと桂はや散るか
  • 夢がちに明けて湖霧さわぐなり
  • 湖の泊りランプが泣いて夜長けれ
  • 山彦のあれを呼ぶなり夕紅葉
  • 東京の燈も寝頃なる天の川
  • 枝さきに西日かかりて秋の風
  • 秋来らむ芭蕉に雨のしばしばす
  • 満月や腰が冷ゆると妻のいふ
  • 草道の家かげに入り天の川
  • いるか飛ぶ秋を晴れたる潮路にて
  • 秋風の波たち来ればうらがなし
  • 秋風の川ひろければ旅おもふ
  • 畑なして向日葵は実になりゆける
  • 廃園の爪紅の実をはじきなど
  • 桔梗も痩せて喇嘛僧影の如し
  • 湛水の夜を白々と秋闌けし
  • 王宮の荒れんとすなり菊あせて
  • 野分吹く白河の濁り打ち合ひつ
  • 鰡獲たるその顔見せよ荻夕べ
  • 七夕柳かこみ点せりをさならは
  • 潮騒や七夕柳散るもあり
  • 雨細き暁の芒に対ひけり
  • ひとつ残りて灯籠湖をかそけくす
  • 月となる洞爺の水に虫通ふ
  • 蜻蛉に駒は煙を濃くしたり
  • ふと覚めて旅ならぬ身に虫近し
  • 秋暑く島の浜木綿花過ぎたり
  • 夕三日月氷掻く音絶え間あり
  • 舟虫に心遊ばせ月を待つ
  • 燈照らして梵字曼荼羅冷やけき
  • 照ればなほ秋ゆく竹の翳深く
  • 曙の尾花むらさきふくみけり
  • 虫きいてちと眠りたり颱風裡
  • 洪水あとの石白く灼け鳥渡る
  • 燈籠に立つ影に寄る影のあり
  • 雨来り鈴虫声をたたみあへず
  • こほろぎの啼く夜の星の躬に近し
  • 桂紅葉原始林帯など冷たき
  • 青毬を布くスロープの霧残す
  • 暁のかなかな三日月われをのぞき落つ
  • 虫幽かなればおのづと人語澄む
  • コスモスをうまごに折りて我も愉し
  • 夢殿の清閑桜もみづりぬ
  • 金風の翳す仏顔ほのに笑む
  • 白萩のみだれ雨ひく土昏し
  • 山の田の白穂もなくて刈る日来ぬ
  • 霧さがる谷間に粟を摘み暮らす
  • かまきりの玻璃戸をのぼり雷うかがふ
  • 赤のまま摘めるうまごに随へり
  • 暇あり西日となりし干し蝗
  • 秋風の厨ゆたかに今日も暮れぬ
  • 積雲の崩えがちに南瓜実りたり
  • 迎火やほのに霧らへる竹の奥
  • 熟れ稲の香のそこはかと霧は濃き
  • 秋の虹二川夕浪たてにけり
  • 露時雨川音しぐれ副へりけり
  • 秋立てる雲の穴目の藍に描く
  • 妻死んで虫の音しげくなりし夜ぞ
  • 朝顔のうつろひやすく灼け来けり
  • 法師蝉啼く日となりて妻は亡し
  • 朝寒くなりぬ箸とる汁の澄み
  • 夕百舌に野川溢るる雨となり
  • 烏瓜赤しと子らの触れゆきぬ
  • 久に逢ふ顔々よ菊白く赤く
  • 子爪このごろ親指にのみ秋の風
  • 二三日晴れ松茸の膳に上る
  • 一粒一粒柘榴の赤い実をたべる
  • もみづれる木によ苔布く寂光土
  • 十王の笑むとし見れば木の実落つ
  • 朝顔の朝永きにも亡妻を憶ふ
  • 朝顔の籬外へ垂れて人ゆき次ぐ
  • 北天の稲妻に月など明かき
  • 柿の味一片も歯に固きのみ
  • 苦笑ひして日が落つる野分なか
  • 鶏頭の倒れて燃ゆるうらがなし
  • 子らの朝顔咲けば楽しく時経ちぬ
  • 朝顔をつかみ蟷螂雨うかがふ
  • 天神様の祭銀杏が実を撒ける
  • 新涼の朝顔竹をのぼり咲く
  • 秋深くなりて不気味な朝焼けす
  • 秋冷えの目覚め誘うて啼く雀
  • 柿喰ふや鵯の啼く音は寒しとふ
  • 旅にして棉笑む風の北よりす
  • 波来れば立つ巌鳥や秋の風
  • あげ泥をにじりゐる蜷や野菊咲く
  • かなかな遠くなりぬ虎杖の路
  • 夜半の秋魚籠の石首魚鳴くくくと
  • 稲田蔽ふ雲冷やかに暮れてゆく
  • 草にひく我が影親し秋夕べ
  • 底つ火に我が魂通ふ霧の中
  • 鳴かずなんぬ月浴びさする籠の虫
  • 新涼や夜のはなれゆく浜篝
  • 蜻蛉猛し茜濁れる風の空
  • 秋風や影としもなき石の影
  • すさまじき火雲よ月の燃ゆる燃ゆる
  • 浜浪や秋ゆく草に寄せ返し
  • 人形の観念の眼や菊白し
  • 山の声しきりに迫る花竜胆
  • 彼岸花薙がば今もや胸すかむ
  • 秋風や網の小鯛の十ばかり
  • 尾花そよぎ富士は紫紺の翳に聳つ
  • 身延の燈煌々と虫嗄れきりぬ
  • 日輪病めり芙蓉の瓣の翳ふかく
  • はやて雲湧くに猛りて山の鵙
  • 蜻蛉追ふ子に坊主雲覗きけり
  • 刺の道ゆかむとしては虫に哭く
  • 颱風の過ぎし月夜を虫こぞる
  • 月澄みて妻のうめきの胸抉る
  • 妻あらばとぞもふ朝顔赤き咲く
  • 秋風は冷たしと思ひ歩をとどむ
  • かなかなに旅人われを思ふ昏し
  • ともからみして朝顔の雨に耐ふ
  • 夜は寒し浅間の怒り身にひびき
  • 爪紅を群れめぐる雨の蜆蝶
  • 苦渋いよいよ深し霖雨の芒荒れ
  • 夕風や紅葉を散らす山鴉
  • 寒菊を懐炉を市に求めけり
  • 冬木立僧園に人ありやなし
  • 電車通ふ度びの地ひびき冬籠
  • 楢山時雨藪鳥なほも静まらで
  • 穂拾ひの我子に暮るる寒さかな
  • ぬくみなほ我れに母ある蒲団かな
  • 凩や雲裏の雲夕焼くる
  • 冬木中一本道を通りけり
  • 大霜の枯蔓鳴らす雀かな
  • 汐いつか満ちし静けさ江の落葉
  • 雪このかた馬も放たぬ枯野かな
  • 氷上に霰こぼして月夜かな
  • 家の向き日なたとなりし冬田かな
  • 氷挽く音こきこきと杉間かな
  • 霜下る夜空に木々の犇めけり
  • 冬木中鳥音慕うて歩きけり
  • 夕千鳥一叢芦の淋しけれ
  • 枇杷の花しくしく氷雨下りけり
  • よれよれに枯色さしむ風の櫨
  • 雪月夜蘆間の寝鳥しづまりぬ
  • 雪霞野の萱骨のとげとげし
  • 足袋裏を向け合うて炉の親子かな
  • 萱刈りのかくて日暮らす山小春
  • 風の声碧天に舞ふ木の葉かな
  • 木曾路ゆく我れも旅人散る木の葉
  • 大浅間ひとり日当る山冬木
  • 妻も子もはや寝て山の銀河冴ゆ
  • 大き月照り出づる霜の木立かな
  • 枯萩の髄脈々と雨氷る
  • すがりゐて草と枯れゆく冬の蠅
  • 枯れ蔓のかげす櫺子の除夜の鐘
  • 雪の中声あげゆくは我子かな
  • お高祖頭巾のおとがひ細き火影かな
  • 皆あたれ炉の火がどんと燃ゆるぞよ
  • 軒の氷柱に息吹つかけて黒馬よ黒馬よ
  • 暮れゆくや寒濤たたむ空の声
  • 野ゆく子に余所なる冬日暮れにけり
  • 顔よせて馬が暮れをり枯柏
  • 氷上の積藁に通ふ鼠かな
  • 丹念に炭つぐ妻の老いにけり
  • 霜の声眉にかぶさる山もなし
  • 目白なく日向に妻と坐りたり
  • 塀添ひに風流れをり冬の月
  • 雪原や落ち方の月隈見する
  • 子が居ねば一日寒き畳なり
  • ぎつしりの材木の底にある冬日
  • 寒天の日輪にくさめしかけたり
  • 吹き入りし畳みの木の葉暮れにけり
  • 薬のんでは大寒の障子を見てゐる
  • ほつくりと蒲団に入りて寝たりけり
  • 紐足袋の昔おもへば雲がゆく
  • 世に遠く浪の音する深雪かな
  • 常磐木の懐に雪舞ひ入りて
  • 水鳥のゐて土手をゆく心なり
  • 凍らんとするひそまりの蔓のさき
  • 散り紅葉拾うて見たれ捨てにける
  • 立冬やとも枯れしたる藪からし
  • 伏せ葱に夕三日月の影しけり
  • 枯萩のむざと刈られし昨日かな
  • 青天やなほ舞う雪の雪の上
  • 硝子戸の片すみにある枯枝かな
  • 咳入るや涙にくもるシクラメン
  • 丑満の雪に覚めゐて咳殺す
  • 霙るるや燈華やかなればなほ
  • 枯菊を焚いて鼻澄む夕べかな
  • 雪虫のゆらゆら肩を越えにけり
  • 山の木の日深くなれば葉降らしぬ
  • 木の雪へ車ひびかし晴れて来る
  • 雲がゐる山へ田なして寒山葵
  • 地の果てゆ草枯れ寄する二克山
  • 舞ひ落つる葉に寄る鮠の痩せてけり
  • 人込みに白き月見し十二月
  • えにしだの細きにも雪つきそめし
  • 田の家の今ともしける夕時雨
  • 雪吹くや群をはなれし鵜二三羽
  • 椅子に凭る雪白くなるしまらくを
  • 時雨鳥しばし垣穂に沿へりけり
  • おもふこと遠くもなりぬ風邪に寝て
  • 咳呼んで牀頭月のさし来り
  • 母子寮の厨に見えて葱白し
  • 武蔵野や流れをはさみ葱白菜
  • 鰤あぐる島の夕べを時雨けり
  • 枯草のそよげどそよげど富士端しき
  • 雪屋根の眉に迫れり咳をのむ
  • 月あらむ櫺子明りを柚子風呂に
  • 年は徂く伊豆の泊りの風荒し
  • 大北風にあらがふ鷹の富士指せり
  • 天城雪なし猟人北風に吹かれ去ぬ
  • 帰り咲く木のあり尼僧咳秘むる
  • 雀見ぬ日の久しきに土枯れぬ
  • 寒雷や肋骨のごと障子ある
  • 野空ゆく寒雁をまつ水はあり
  • 竹の脚いよいよ細く雪霽るる
  • 返り花子らが写生の外に在り
  • 二羽となりて身細うしけり寒雀
  • はるかなるかな雪屋根に雲浮び
  • 氷砕いて子らの笑へり落つ葉なし
  • 寒禽の声に日当り来ぬ憩ふ
  • 立冬の山の樹騒ぐ音眼にす
  • 門前の日を楽しめば時雨来つ
  • 落つる葉の焚火煙りに吹かれけり
  • 時雨るるや家風呂に入るも十月振
  • 瓦礫なか麦の芽生えて咳きこゆ
  • 風日々に冬至となりし日の黄なり
  • あけぼのの光げさしふる裸の木
  • 武蔵野の此処に水凝り鴨呼ばふ
  • 日は遠くなり捲き返す鴨の群
  • わが影の水に沈めば鴨らたつ
  • 藻も枯れてあるがままなる鴨の水
  • 潮騒や木の葉時雨るる夜の路
  • 冬木一本立てる尾上の日を追へり
  • 遠光する野の水や返り花
  • 鶏犬の声す山中の返り花
  • われとわが雪ゆり合へる竹数本
  • もつれては宙に遊べる雪の翳
  • 落葉すや木曾の塗師の門ひろく
  • 停電の闇に眼をあげ落葉きく
  • 枯野の路の三猿塚をよしと見き
  • 落日の枯野ゆく子のうたへるや
  • 潮騒の寝をなさしめず年徂く夜
  • 枯草に鴨の彩羽をむしりすつ
  • 山光や寒天に聳つ木一本
  • 寒行太鼓時にみだるる月吹く夜
  • 雪風の夜をさざめけり人形は
  • ひら仮名の雀のお墓霜ざれぬ
  • 山鳥に翔たれつまづく雪の嶮
  • 冬の蠅二つになりぬあたたかし
  • 夜明け待つ心相寄る野の焚火
  • 山の灯が見えねばさびし月の冬
  • 寒鰍水底の石に喰ひ入りぬ
  • 雲せめぐ空に散り葉の相追へり
  • 石一つ一つ光りをる霜の月
  • 火鉢にかざす手の中の我が指の骨
  • 誰もゐねば火鉢一つに心寄る
  • 水鳥に風の木華の降ることよ
  • もかもかの手袋に手をつかまれし
  • 寒い月夜の岩がざぶりと浪浴びて
  • ばらくづれたり師走の畳の上
  • 霜の夜や枝張り合うて楢櫟
  • 人形の顔も夜となる雪の声
  • 夜着の中足がぬくもるまでの我れ
  • 汚れつつ木蔭へ雪のちさくなり
  • 鱈ちりの炭の尉たちやすき夜や
  • 野焚火の四五人に空落ちかかる
  • 寒風の椿の朱唇ただれたり
  • 雪まろげ雪にまろびてうまごらは
  • 日向道とれば木の葉のはらはらす
  • もの枯るる音のたのしき日向ぼこ
  • 寒菊の小菊を抱いて今日ありぬ
  • わが魂を吹きさらすこの寒天ぞ
  • 鶏頭しよんぼり落葉時雨の黄昏るる
  • 観音の庭の紅葉は散るばかり
  • 雪の層波なし華厳落ちに落つ

臼田亞浪 プロフィール

臼田 亞浪(うすだ あろう、1879年(明治12年)2月1日 - 1951年(昭和26年)11月11日)



おすすめの記事