久保田兎園の俳句




久保田兎園の俳句一覧

  • 行春や馬引き入るるいさら川
  • 杉の香にききぬ衣がへ

未分類

  • 淡雪や犬の土ほる道のはた
  • 貝殻に明るき道や春の雨
  • 春風や戸の丸屋の一つ口
  • おぼろ月松出ぬけても~
  • 湖のとろりとかすむ夜也けり
  • 陽炎や草の上行ぬれ鼠
  • 乙鳥や人のものいふ上になく
  • 草原を覗れてなく雉子哉
  • 里の子か小鍋を作る菫哉
  • 梅満り酒なき家はなき世也
  • 捨扇梅盗人にもどしけり
  • 窓はみな梅々と成る真昼哉
  • 里の子の袂からちる桜かな
  • 畠中にのさばり立る桜哉
  • 眠り覚めて柳の雫聞く夜哉
  • 墓手水御門の柳浴びてけり
  • 右は月左は水や夕柳
  • 小短き旅して見たや更衣
  • 朝湯から直に着ならふ袷かな
  • 狙公に傘さしかけよならの京
  • 一握草も売るな也ほたるかご
  • せみ鳴や北かげくらきかご枕
  • 一昨日の雨のおちけり夏木立
  • 柿の花おちてぞ人の目に留る
  • 卯の花の目先に寒し朝心
  • 引きあけて見れば風吹灯籠哉
  • 鵙なくやむら雨かはくうしろ道
  • 初雁や幸舟にのりあはせ
  • 蜻蛉の百度参やあたご山
  • 野ゝ秋や人にとりつく草の種
  • 鹿垣にむすび込るゝ萩の花
  • 露萩に独ものいふあした哉
  • もどる時人の少き紅葉哉
  • 山人の火を焚立る時雨哉
  • 木がらしや深戸さして夕木魚
  • 木がらしや塒に迷ふ夕烏
  • 宵々の雪に明るき栖哉
  • 初霜や笑顔見せたる茶の聖
  • 古衾持仏へ近きおそれ有
  • 空樋を鼠のはしるおち葉哉
  • 冬がれやねござまくれば裸虫
  • へしおりていよ~寒し返り花

久保田兎園 プロフィール

久保田 兎園(くぼた とえん、享保6年(1721年) - 寛政12年5月1日(1800年6月11日))



おすすめの記事