赤城さかえの俳句

かりがねや並べば低き母の肩

ねむられぬ友の扇子の音すなり

八方に夏のあをぞら悔も若し

夏蜜柑むくや稿つぐ爪たてゝ

外は満月ひたむきな語がふと躓く

夜を昼へ木立かぶさる虫時雨

学童のこゑ湧く丘や芽ぶきそむ

寒月にひしめく石を何故去らぬ

春潮のふくらみ来たり巌うつ

林中に今宵灯明くメ−デー歌

梅に佇つ尚も腕組みほどかずに

秋風やかかと大きく戦後の主婦

落椿涙たのしむ時代よ去れ

豪雨つのる一樹にありて蟬澄めり

むつまじき吾が老父母にパンジーなど

高窓や紅粛々と夏至の暁け

鹽味のはつたい新刊の書を膝に

おすすめの記事