芥川龍之介の俳句




芥川龍之介の俳句一覧

  • 魚の眼を箸でつつくや冴返る
  • 冴返る魚頭捨てたり流し元
  • 冴返る燕の喉赤かりし
  • 冴返る隣の屋根や夜半の雨
  • 山がひの杉冴え返る谺かな
  • 冴え返る枝もふるへて猿すべり
  • 冴え返る身にしみじみとほつき貝
  • 庖丁の余寒ぐもりや韮を切る
  • 烏鷺交 々落ちて余寒の碁盤かな
  • 石稀に更けて余寒の碁盤かな
  • 阿羅漢の肋けはしき余寒かな
  • 抜き残す赤蕪いくつ余寒
  • 篠を刈る余寒の山の深さかな
  • おもひやる余寒はとほし夜半の山
  • 梨棚の莟青める余寒かな
  • 裏山の竹伐る音や春寒
  • 春寒や竹の中なる銀閣寺
  • 口ひげも春寒むびとのうすさかな
  • 新道は石ころばかり春寒
  • 山椒魚動かで水の春寒
  • 春寒くすり下したる山葵かな
  • 春寒やのび損ねたる日陰独活
  • 春寒き小包解けば和布かな
  • 庭芝も茜さしたる彼岸かな
  • 道ばたの穂麦も赤み行春
  • 黒ぐろと八つ手も実のり行春
  • 春の日や水に垂れたる竹の枝
  • 春の夜の人参湯や吹いて飲む
  • 春の夜や小暗き風呂に沈み居る
  • 暖かや蕊に蝋塗る造り花
  • 温泉の壺底なめらかに日永かな
  • や軒に干したる蒸がれひ
  • 流るるは夕か橋の下
  • や茜さしたる雑木山

未分類

  • あかつきや蛼なきやむ屋根のうら
  • しぐるるや堀江の茶屋に客ひとり
  • 元日や手を洗ひをる夕ごころ
  • 兎も片耳垂るる大暑かな
  • 初秋の蝗つかめば柔らかき
  • 拾得は焚き寒山は掃く落葉
  • 春雨の中や雪おく甲斐の山
  • 木がらしや東京の日のありどころ
  • 木がらしや目刺にのこる海の色
  • 水洟や鼻の先だけ暮れ残る
  • 癆咳(らうがい)の顔美しや冬帽子
  • 胸中の凩咳となりにけり
  • 蝶の舌ゼンマイに似る暑さかな
  • 青蛙おのれもペンキぬりたてか
  • 白梅や夕雨寒き士族町
  • 寂として南殿さびしき春の雨
  • 海遠く霞を餐せ小島人
  • 徐福去つて幾世ぞひるを霞む海
  • 饅頭の名も城見とぞ春の風
  • 御仏に奉らむ紫藤花六尺
  • かたまりて木花黄にさくや雪解水
  • したたらす脂も松とぞ春の山
  • 欝として黒松に春の朝日せる
  • 雲か山か日にかすみけり琵琶の滝
  • 白梅や青蓮院の屋根くもり
  • 花曇り捨てて悔なき古恋や
  • 行けや春とうと入れたる足拍子
  • 暮るるらむ春はさびしき法師にも
  • われとわが睫毛見てあり暮るる春
  • 牛に積む御料檜や梅の花
  • 夕垢離や濡れ石に藤の花垂るる
  • 病間や花に遅れて蜆汁
  • 山藤や硫黄商ふ山の小屋
  • 春雨の雨脚見えず海の上
  • 大寺は今日陽炎に棟上げぬ
  • 初花の疎らに昼の曇りかな
  • 糸桜かすかに昼の曇りかな
  • 夕闇や枝垂桜のかなたより
  • 花とぶや加茂の小路の夕日影
  • 負うた子のあたま垂るるや初蛙
  • 春雨や枯笹ぬるる庭の隈
  • 政苛き国にも梅さくや
  • 花あかり人のみ暮るる山路かな
  • 太白の糸一すぢや春の風
  • 宿に咲く藤や諸国の人通り
  • ひきとむる素袍の袖や夜半の春
  • 燈台の油ぬるむや夜半の春
  • 葛を練る箸のあがきや宵の春
  • 春風に青き瞳や幼妻
  • 草庵の梅やうつすと鏡立て
  • 炉塞げど今日の狭さや鏡立て
  • 三門に鳶の夜啼く朧かな
  • 遅桜極楽水と申しけり
  • 酒饐えつ日うらの桜重ければ
  • 遅桜卵を破れば腐り居る
  • 冷眼に梨花見て轎を急がせし
  • 人行くや梨花に風景暗き村
  • 熱を病んで桜明りに震へゐる
  • 裸根も春雨竹の青さかな
  • この匂藪木の花か春の月
  • 草の戸の灯相図や雉ほろと
  • 春の月常磐木に水際仄なる
  • 飯食ひにござれ田端は梅の花
  • 春日さす海の中にも世界かな
  • 寺の春暮れて蘇鉄の若葉かな
  • 春風にふき倒されな雛仔ども
  • 脚立して刈りこむ黄楊や春の風
  • 海なるや長谷は菜の花花大根
  • 日曜に遊びにござれ梅の花
  • 帰らなんいざ草の庵は春の風
  • 君琴弾け我は落花に肘枕
  • 思へ君庵の梅花を病む我を
  • 夜桜や新内待てば散りかかる
  • 遠火事の覚束なさや花曇り
  • 白木蓮に声を呑んだる雀かな
  • この頃や戯作三昧花曇り
  • 残雪や墓をめぐれば竜の髯
  • 水朧ながら落花を浮べけり
  • 春返る竹山ならん微茫たる
  • 大風の障子閉しぬ桜餅
  • 陽炎にもみ消されたる蝶々かな
  • 菩薩名は心王と申す春の風
  • 風光る杉山かひに村ひとつ
  • ちりたまる花に起るや夕つむじ
  • 藤咲くや日もうらうらと奈良の町
  • 石わたる鶴危さや春の水
  • 三月や大竹原の風曇り
  • 川上や桃煙り居る草の村
  • 曇天の水動かずよ芹の中
  • 古草にうす日たゆたふ土筆かな
  • 吹かるるや塚の上なるつぼ菫
  • 桃咲くや日影煙れる草の中
  • 桃咲くや泥亀今日も眠りけり
  • 昼見ゆる星うらうらと霞かな
  • 花散るや寒暖計は静なる
  • 白酒や障子さしたる風曇り
  • 沈む日や畑打ちやめば海の音
  • 蜂一つ土塊噛むや春の風
  • 軒先に和布干したる春日かな
  • 桃煙る中や筧の水洩るる
  • 春雨や作り木細る庭つづき
  • ゆららかや杉菜の中に日は落つれ
  • 春に入る柳行李の青みかな
  • 海原や江戸の空なる花曇り
  • 花ちるやまぼしさうなる菊池寛
  • 白桃や莟うるめる枝の反り
  • 草の家の柱半ばに春日かな
  • 草萌ゆる土手の枯草日かげかな
  • 昼曇る水動かずよ芹の中
  • 春雨に濡れ細りたる挿木かな
  • 花散るや牛の額の土ぼこり
  • 膀胱の病にこもるうららかな
  • 春風の篠に消えたる麓かな
  • 菜の花は雨によごれぬ育ちかな
  • 三月や茜さしたる萱の山
  • 茶畑に入日しづもる在所かな
  • 藤の花軒ばの苔の老いにけり
  • わが宿は餡ころ餅にちる花ぞ
  • かげろふや影ばかりなる仏たち
  • さきのこる軒ばの花や茶のけむり
  • 風光る穂麦の果や煤ぐもり
  • 春雨の中やいづこの山の雪
  • 塩釜のけぶりをおもへ春のうみ
  • からたちの打ちすかしけり春の雪
  • 山岨に滴る水も霞みけり
  • 山吹やしどろと伸びし芝の上
  • 花ちるや踏み枯らしたる芝の上
  • 矛杉や霜に焦げつつ春の雨
  • 藤の花雫とめたるたまゆらや
  • 竹の秋茜の産衣ぬひけらし
  • ちらほらと田舎の花や茶のけむり
  • 鉢前の著莪もしどろや別れ霜
  • 山吹や雨に伏したる芝の上
  • 春雨や檜は霜に焦げながら
  • 春雨や霜に焦げたる門の杉
  • 初午の祠ともりぬ雨の中
  • 霜焦げに焦げたる杉を春の雨
  • 更けまさる火かげやこよひ雛の顔
  • 薄曇る水動かずよ芹の中
  • 町なかの銀杏は乳も霞けり
  • 雪どけのなかにしだるる柳かな
  • 午もはやするめ焼かせよ藤の花
  • 盆梅の枝にかかるや梅のひげ

芥川龍之介 プロフィール

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)



おすすめの記事