春の季語「花(はな)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「花(はな)」の解説

花は、桜のことですが、桜と花は同じ言葉ではありません。桜は重きが植物であることに置かれていますが、花は重きが心に映る華やかな姿に置かれています。

春の季語「花(はな)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

春の花(はるのはな)/春花(はるばな)/花の雲(はなのくも)/花房(はなぶさ)/花片(はなびら)/花の姿(はなのすがた)/花の香(はなのか)/花の輪(はなのわ)/花の友(はなのとも)/花の主(はなのあるじ)/花笠(はながさ)/花の庭(はなのにわ)/花の門(はなのもん)/花の都(はなのみやこ)/花明り(はなあかり)/花盛り(はなざかり)/花便り(はなだより)/花の露(はなのつゆ)/花朧(はなおぼろ)/花の陰(はなのかげ)/花の奥(はなのおく)/花の名残(はなのなごり)/花を惜しむ(はなをおしむ)/花埃(はなぼこり)/花の錦(はなのにしき)/花の色(はなのいろ)/花の粧(はなのよそおい)

春の季語「花(はな)」を使った俳句一覧

春の季語一覧



おすすめの記事