新年の季語「元日(がんじつ)」を使った俳句一覧




新年の季語「元日(がんじつ)」の解説

元日は、一月一日の元日の朝のことをいいます。旧暦では元旦は立春の前後でしたが、新暦では元旦は冬のさなかになっています。

新年の季語「元日(がんじつ)子季語・関連季語・傍題・類語など

お元日(おがんじつ)/鶏日(けいじつ)/月の始(つきのはじめ)/日の始(ひのはじめ)/三始(さんし)/三の始(みつのはじめ)/三元(さんげん)/元三(がんさん)

新年の季語「元日(がんじつ)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事