新年の季語「若水(わかみず)」を使った俳句一覧




新年の季語「若水(わかみず)」の解説

若水は、元日の朝に家の長や年男が恵方を拝んで汲む水のことをいいます。若水を汲むときの柄杓や手桶は、新しいものを使います。

新年の季語「若水(わかみず)子季語・関連季語・傍題・類語など

若水汲み(わかみずくみ)/若水迎え(わかみずむかえ)/初水(はつみず)/若水桶(わかみずおけ)/一番水(いちばんみず)/井華水(せいかすい)

新年の季語「若水(わかみず)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事