新年の季語「太箸(ふとばし)」を使った俳句一覧




新年の季語「太箸(ふとばし)」の解説

太箸(ふとばし)は、白木の正月の膳に使う箸のことをいいます。箸が正月から折れると縁起が良くないため、太く箸を作っています。

新年の季語「太箸(ふとばし)子季語・関連季語・傍題・類語など

孕み箸(はらみばし)/腹太箸(はらふとばし)/羹箸(かんばし)/柳箸(やなぎばし)/祝箸(いわいばし)/餅箸(もちばし)/箸包(はしづつみ)/箸紙(はしがみ)

新年の季語「太箸(ふとばし)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事