新年の季語「大服(おおぶく)」を使った俳句一覧




新年の季語「大服(おおぶく)」の解説

福茶(大服)は、結び昆布、山椒、梅干しなどを若水で淹れた茶に入れて、たっぷりと元旦に飲むお茶のことをいいます。

新年の季語「大服(おおぶく)子季語・関連季語・傍題・類語など

大福(おおふく)/御福茶(おふくちゃ)/福茶(ふくちゃ)/大福茶(おおふくちゃ)

新年の季語「大服(おおぶく)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事