新年の季語「松の内(まつのうち)」を使った俳句一覧

目次




新年の季語「松の内(まつのうち)」の解説

松の内は、松飾りのある正月の期間のことをいいます。松の内は、普通は七日までですが、三日までや十五日までなど、地方によって違っています。

新年の季語「松の内(まつのうち)子季語・関連季語・傍題・類語など

注連の内(しめのうち)/松七日(まつなぬか)

新年の季語「松の内(まつのうち)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事