新年の季語「餅花(もちばな)」を使った俳句一覧




新年の季語「餅花(もちばな)」の解説

餅花(もちばな)は、紅白の餅をちぎって水木や柳などの枝に付けたものをいいます。小正月に豊作を祈って餅花が飾られます。

新年の季語「餅花(もちばな)子季語・関連季語・傍題・類語など

餅手毬(もちでまり)/花餅(はなもち)/花飾(はなかざり)/餅の花(もちのはな)/餅穂(もちほ)/餅木(もちき)/稲穂の餅(いなほのもち)

新年の季語「餅花(もちばな)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事