冬の季語「時雨(しぐれ)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「時雨(しぐれ)の解説

時雨は、冬の最初に、めまぐるしく短時間で変わる通り雨のことをいいます。先人達は、無常の心と美しさをさびれゆくものの中に養ってきました。

冬の季語「時雨(しぐれ)子季語・関連季語・傍題・類語など

山めぐり(やまめぐり)/液雨(えきう)/入液(にゅうえき)/出液(しゅつえき)/めぐる時雨(めぐるしぐれ)/朝時雨(あさしぐれ)/夕時雨(ゆうしぐれ)/小夜時雨(さよしぐれ)/村時雨(むらしぐれ)/北時雨(きたしぐれ)/横時雨(よこしぐれ)/片時雨(かたしぐれ)/時雨雲(しぐれぐも)/時雨傘(しぐれがさ)/時雨心地(しぐれごこち)/時雨の色(しぐれのいろ)/川音の時雨(かわとのしぐれ)/松風の時雨(まつかぜのしぐれ)/木の葉の時雨(このはのしぐれ)/涙の時雨(なみだのしぐれ)/袖の時雨(そでのしぐれ)/袂の時雨(たもとのしぐれ)/さんさ時雨(さんさしぐれ)

の季語「時雨(しぐれ)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事