秋の季語「萩(はぎ)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「萩(はぎ)」の解説

萩は、秋に紫色の花が咲く植物のことをいいます。山萩は、赤紫の花が八月の中旬から咲きます。萩は、調度類、文具の意匠としても、古来から親しまれてきました。

秋の季語「萩(はぎ)子季語・関連季語・傍題・類語など

山萩(やまはぎ)/鹿鳴草(しかなきぐさ)/鹿妻草(しかつまぐさ)/玉見草(たまみぐさ)/庭見草(にわみぐさ)/古枝草(ふるえぐさ)/もとあらの萩(もとあらのはぎ)/初萩(はつはぎ)/萩の花(はぎのはな)/野萩(のはぎ)/白萩(しろはぎ)/小萩(こはぎ)/真萩(まはぎ)/萩散る(はぎちる)/こぼれ萩(こぼれはぎ)/乱れ萩(みだれはぎ)/萩原(はぎわら)/萩の戸(はぎのと)/萩の宿(はぎのやど)/萩の主(はぎのあるじ)/萩見(はぎみ)

秋の季語「萩(はぎ)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事