天野桃隣の俳句
  • うぐひすの聲に起行雀かな
  • 昼舟に乗るやふしみの桃の花
  • 聞までは二階にねたりほとゝぎす
  • 五日迄水すみかねるあやめかな
  • 五月雨の色やよど川大和川
  • 宮城野の萩や夏より秋の花
  • 紺菊も色に呼出す九日かな
  • 市中や木の葉も落ずふじ颪
  • 木枯の根にすがり付檜皮かな
  • 道くだり拾ひあつめて案山子かな
  • 白桃やしづくも落ず水の色
  • 菊の気味ふかき境や藪の中
  • きさかたや唐をうしろに夏構
  • 手に足に玉巻く葛や九折
  • 行く水の跡や片よる菱の花
  • 蜘の子の柱伝ひや縄簾
  • 禰宜呼びに行かば日の入る夏神楽
  • ぎんなんも落るや神の旅支度
  • 米入るゝ我器なり種瓢
  • から風の吹きからしたる水田かな




天野桃隣 プロフィール

天野 桃隣(あまの とうりん、1639年(寛永16年)- 1720年1月18日(享保4年12月9日))

おすすめの記事