横光利一の俳句
  • 梅雨晴れや手枕の骨鳴るままに
  • 人棲まぬ隣家の柚子を仰ぎけり
  • 春雨や物乞ひどもと海を見る
  • 圓木の揺れやむを見て青き踏む
  • オリオンを直上にさす雛祭
  • 鵞鳥朝あけを告げ来る若芽
  • 春暁や罪ほの暗く胃に残る
  • 白梅の垂直を見る夜のしゞま
  • 摘草の子は声あげて富士を見る
  • 天主教会庭木に登る春の子ら
  • 遠く来て見しものかリラの花咲くを
  • 流れ木の芽立ちしままに砂州光る
  • 匂ひ立つ材木乗せし春の貨車
  • 白鳥の花振り別けて春の水
  • 春の夜の桜にかかる投げテープ
  • 桜散りて国遠ざかる海路かな
  • 行く春を小夜中山の石なでつ
  • 膝抱きて旅の疲れや白あやめ
  • 蟻薹上に餓ゑて月高し
  • 屋上のインコ真白し夏の月
  • 栗の花ちる径たるむ腕時計
  • 梅雨曇りベルの音よく冴ゆる門
  • 夏のや夜通し落ちる花の音
  • 蜩や風呂わき来れば人にすすむ
  • 秋の日の反射爐に満つ嫁ぐ人
  • 秋の夜や交番の人動かざる
  • 無花果を押し潰しみる薄疲れ
  • ショパンなほ続く妹の秋の薔薇
  • 白菊や衰へし人礼正し
  • 栴檀の実の色つきぬ胡蝶隊
  • 梨の芯黒きを残すひるの留守
  • ふるさとに芒なびきて霰来る
  • 名月やあるじ眠らん香のなかに
  • 山峡のレール秋ひき立ち迎ふ
  • 嬉野に油こぼれて師走来る
  • 大掃除床下の羊歯正しかり
  • 風花や石みなまるく水に入る
  • 靴の泥枯草つけて富士を見る
  • 木枯や海女の足裏水底に
  • 紫の河浮き沈む冬筏
  • 横綱と顔を洗ふや冬の宿
  • 押しよせて波みな妻の顔に見ゆ
  • 繭玉に金色の風ゆらぎ立つ
  • 暴れ若葉九龍の波尖とがる
  • アフリカも知らざる火夫の声低し
  • アラビヤの波塩辛き末路かな
  • 京に似しペナンは月の真下にて
  • キャラバンの疾風に眠る塩の山
  • コンコルド女神老けにし春の雨
  • シャンゼリゼ驢馬鈴沈む花曇
  • 十五夜の月はシネマの上にあり
  • 天井に潮騒映る昼寝かな
  • ペナン行花さす客の口赤し
  • まるまると陽を吸ひ落す沙漠かな
  • 鰐怒る上には紅の花蔓
  • 白梅のりりしき里に帰りけり
  • 夜桜や隣りの人に会ひにけり
  • 墨するや月のぼりゆく春草忌
  • 芍薬を売り残したり花車
  • 日ぐらしや主客に見えし葛の花
  • 待つ朝の鏡にうつす青落葉
  • あづき煮る火もとさびしき野分かな
  • 日ぐらしは草より低き嵯峨野かな
  • ささ鳴きの枝うつりゆく夕ごころ
  • 此の借家また借りる人の荷の軽し
  • 何もなく過ぎしがごとし春の雲




横光利一 プロフィール

横光 利一(よこみつ りいち、1898年(明治31年)3月17日 - 1947年(昭和22年)12月30日)



おすすめの記事