春の季語「鶯(うぐいす)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「鶯(うぐいす)」の解説

鶯は、春を知らせる鳥です。鶯は梅の花の蜜を吸うため、「梅に鶯」と昔からいわれています。春の初めは鳴き声もおぼつかないものですが、春が長けるにつれて美しくなります。

春の季語「鶯(うぐいす)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

鶯の初音(うぐいすのはつね)/鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)/飼鶯(かいうぐいす)/春告鳥(はるつげどり)/経読鳥(きょうよみどり)/禁鳥(とどめどり)/匂鳥(においどり)/黄粉鳥(きなこどり)/花見鳥(はなみどり)/歌詠鳥(うたよみどり)/人来鳥(ひとくどり)/黄鳥(きちょう)/流鶯(りゅうおう)

春の季語「鶯(うぐいす)」を使った俳句一覧

春の季語一覧



おすすめの記事