秋の季語「紅葉(もみじ/こうよう)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「紅葉(もみじ/こうよう)」の解説

紅葉は、赤や黄色に落葉樹の葉が色づいて、秋の野山を飾ることをいいます。紅葉というと、楓のことを主にいいます。平安時代の頃の風流から、紅葉を愛でる習慣は始まったとされています。

秋の季語「紅葉(もみじ/こうよう)子季語・関連季語・傍題・類語など

もみいづる/もみづる/白膠紅葉(ぬるでもみじ)/柿紅葉(かきもみじ)/合歓紅葉(ねむもみじ)/満天星紅葉(どうだんもみじ)/葡萄紅葉(ぶどうもみじ)/白樺黄葉(しらかばもみじ)/名木紅葉(なのきのもみじ)/夕紅葉(ゆうもみじ)/むら紅葉(むらもみじ)/下紅葉(したもみじ)/谿紅葉(たにもみじ)/庭紅葉(にわもみじ)/紅葉川(もみじがわ)/紅葉山(もみじやま)/紅葉の淵(もみじのふち)/紅葉の笠(もみじのかさ)/龍田草(たつたぐさ)/色見草(いろみぐさ)/妻恋草(つまこいぐさ)

秋の季語「紅葉(もみじ/こうよう)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事