尾崎紅葉の俳句




尾崎紅葉の俳句一覧

未分類

  • 早乙女の蛙にわたす日暮哉
  • 星既に秋の眼をひらきけり
  • 死なば秋露の干ぬ間ぞおもしろき
  • 泣いて行くウエルテルに逢ふ朧哉
  • 苗代や案山子の鼻もきのふけふ
  • 近道や茨白うしてうす暗き
  • 誰か見てや木葉狹みし山家集
  • 蛙恨を呑みて草むらに蛇の衣を裂く
  • 危き哉古き軒端に梯子かけて菖蒲葺く
  • 俗物暁に起きて蓮華裏に茶を採る
  • 切符買うて手毎にかざせ初紅葉
  • 自転車の汗打かをる公子かな

尾崎紅葉 プロフィール

尾崎 紅葉(おざき こうよう、1868年1月10日(慶応3年12月16日) - 1903年(明治36年)10月30日)



おすすめの記事