榎並舎羅の俳句
  • 凧ひかへて渡る小川かな
  • 小鰯に今日此頃の寒さかな
  • ぬす人も酒がなるやら朧月
  • すっと来てついと流るるほたるかな​
  • 手も出さで机に向かう寒さかな
  • 竹にふる音か一しほ春の雪
  • 秋かぜをにらみ付けるや達磨の眼
  • 心ばせ築紫の綿や秋の風




榎並舎羅 プロフィール

榎並舎羅(えなみしゃら、生没年不詳)江戸時代の俳人

おすすめの記事