久保より江の俳句




久保より江の俳句一覧

  • カルタ切れどよき占出でず春の宵
  • 帰り来ぬ猫に春夜の灯を消さず

未分類

  • 泣き虫の子猫を親にもどしけり
  • ねこに来る賀状や猫のくすしより
  • ねこの眼に海の色ある小春かな
  • 猫の子のもらはれて行く袂かな
  • 旅に得し消息のはし猫初産
  • たんぽゝを折ればうつろのひゞきかな
  • 袂より比叡の薊や旅ころも
  • 籐椅子に猫が待つなる吾家かな
  • そのかみの絵巻はいづこ濃あぢさゐ
  • きのふけふ霞みそめけり春日山
  • 春愁やこの身このまヽ旅ごころ
  • 猫の子もひいなの前に籠ながら
  • 猫の子の名なしがさきにもらはれし
  • 宴果ててまかるひとりに薔薇の雨
  • 窓あけて猫呼ぶ聲の朧かな
  • 新しき足袋も足駄も春の泥
  • ちりあくた流るるままに春の潮
  • 春愁や櫛もせんなきおくれ髪
  • 戀ひ負けて去りぎはの一目尾たれ猫
  • 戀猫に淡き灯かげや月の窓
  • 不器量の小ねこいとしや掌
  • 花も待たで歸いそぐや雨の京
  • ままごとのむしろそのまま花の雨
  • こもりゐや花なき里に住み馴れて
  • この野道薊の外に花もなし
  • 短夜や膝に重たき親子猫
  • 紅の汗しとどなる踊りかな
  • 籐椅子やあるじの留守の猫ぶとん
  • 衣更へたもとに秘めし小句帳
  • ちいさなる女ばかりや衣更へ
  • 湯上りの素顔よろしき浴衣かな
  • 秋風にやりし子猫のたより聞く
  • さすらひの小唄もよしや秋の風
  • 露の徑をゆづりおくれてあと戻り
  • 別れ路やただ曼珠沙華咲くばかり
  • はつ雪やしまひ忘れし鉢のばら
  • 戀猫の歸り来ぬ風邪の枕もと
  • 烏猫こたつの上にあくびかな
  • 枯菊になほ愛憎や紅と黄と
  • この月よをちかた人にまどかなれ
  • うたたねの夢美しやおきごたつ
  • 秋汐にやぶれガルタの女王かな
  • 障子張るや新しき刷毛に糊します
  • 宿の子をかりのひいきや草相撲
  • 泣き虫の子猫を親に戻しけり
  • 夕風にしきわらみだれ花いちご
  • 土手につく花見疲れの片手かな
  • くちなしの一片解けし馨かな
  • 瀧ちかく草にすがりぬ夏小蝶
  • 若うして奴豆腐の好みかな
  • 天瓜粉額四角にたゝきやる
  • 秋の灯や指にをどらす小人形
  • 秋潮に破れガルタの女王かな

久保より江 プロフィール

久保 より江(くぼ よりえ、1884年(明治17年)9月17日 - 1941年(昭和16年)5月11日)



おすすめの記事