冬の季語「焚火(たきび)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「焚火(たきび)の解説

焚火は、廃材や枯木を暖を取るために燃やすことをいいます。冬には、木くずを建築現場で燃やしたり、落ち葉を境内で焚いたりすることがあります。

冬の季語「焚火(たきび)子季語・関連季語・傍題・類語など

落葉焚(おちばたき)/朝焚火(あさたきび)/夕焚火(ゆうたきび)/夜焚火(よたきび)/焚火跡(たきびあと)

の季語「焚火(たきび)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事