冬の季語「煤払い(すすはらい)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「煤払い(すすはらい)の解説

煤払いは、家の中の全ての塵や埃を払うことをいいます。昔は炉をどこの家でも焚いたりしており、煤で梁や天井は覆われていたため煤払いをしていました。

冬の季語「煤払い(すすはらい)子季語・関連季語・傍題・類語など

煤掃(すすはき)/煤おろし(すすおろし)/煤の日(すすのひ)/煤竹(すすだけ)/煤竹売(すすだけうり)/煤籠(すすごもり)/煤逃(すすにげ)/煤湯(すすゆ)/煤日和(すすびより)/年の煤(としのすす)/煤見舞(すすみまい)/煤の餅(すすのもち)

の季語「煤払い(すすはらい)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事