冬の季語「酉の市(とりのいち)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「酉の市(とりのいち)の解説

酉の市は、日本各地で十一月の酉の日に開催される祭礼のことをいいます。酉の市としては、一の酉、二の酉、三の酉まで年によってはあります。

冬の季語「酉の市(とりのいち)子季語・関連季語・傍題・類語など

お酉さま(おとりさま)/酉の町(とりのまち)/酉の町詣(とりのまちもうで)/一の酉(いちのとり)/二の酉(にのとり)/三の酉(さんのとり)/熊手(くまで)/熊手市(くまでいち)/おかめ市(おかめいち)/頭の芋(とうのいも)

の季語「酉の市(とりのいち)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事