秋の季語「柿(かき)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「柿(かき)」の解説

柿(カキ)は、果実を食用にする東アジアの温帯地方の固有の植物で、カキノキ科の落葉高木のことをいいます。葉は固く光沢があります。

秋の季語「柿(かき)子季語・関連季語・傍題・類語など

渋柿(しぶがき)/樽柿(たるがき)/甘柿(あまがき)/きざわし/きざらし/きざ柿(きざがき)/木練(こねり)/熟柿(じゅくし)/赤柿(あかがき)/百目柿(ひゃくめがき)/富有柿(ふゆうがき)/御所柿(ごしょがき)/禅寺丸(ぜんじまる)/次郎柿(じろうがき)/伽羅柿(きゃらがき)/蜂屋柿(はちやがき)/西条柿(さいじょうがき)/祗園坊(ぎおんぼう)/鶴の子(つるのこ)/会津身知らず(あいずみしらず)/柿なます(かきなます)/山柿(やまがき)/柿の秋(かきのあき)/柿店(かきみせ)/柿の蔕落(かきのほぞおち)/うみ柿(うみがき)

秋の季語「柿(かき)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事