秋の季語「風炉の名残(ふろのなごり)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「風炉の名残(ふろのなごり)」の解説

風炉の名残(ふろのなごり)は、陰暦の十月の亥の日に道では炉を開いて、風炉をしまうことをいいます。お茶会が、風炉を惜しむ思いから催されます。

秋の季語「風炉の名残(ふろのなごり)子季語・関連季語・傍題・類語など

風炉名残(ふろなごり)/名残の茶(なごりのちゃ)/名残月(なごりづき)

秋の季語「風炉の名残(ふろのなごり)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事