木下夕爾の俳句

あくびしていでし泪や啄木忌

かたつむり日月遠くねむるなり

この丘のつくしをさなききつね雨

こほろぎやいつもの午後のいつもの椅子

たべのこすパセリのあをき祭りかな

てのひらにうけて全き熟柿かな

とけてゐるアイスクリーム秋の蟬

とぢし眼のうらにも山のねむりけり

にせものときまりし壺の夜長かな

ふりいでし雨の水輪よ休暇果つ

ふりむいてまだ海見ゆる展墓かな

児の本にふえし漢字や麦の秋

兜虫漆黒の夜を率てきたる

冬の坂のぼりつくして何もなし

噴水にひろごりやまず鰯雲

地球儀のあをきひかりの五月来ぬ

地球儀のうしろの夜の秋の闇

家々や菜の花いろの燈をともし

寒林に日も吊されてゐたりしよ

少年に帯もどかしや蚊喰鳥

春昼のすぐに鳴りやむオルゴール

春暁の大時計鳴りをはりたる

枯野ゆくわがこころには蒼き沼

梟や机の下も風棲める

水ぐるまひかりやまずよ蕗の薹

泉のごとくよき詩をわれに湧かしめよ

海の音にひまはり黒き瞳をひらく

海鳴りのはるけき芒折りにけり

炎天や昆虫としてただあゆむ

秋天や最も高き樹が愁ふ

稲妻や夜も語りゐる葦と沼

花冷の包丁獣脂もて曇る

花蕎麦に雲多き日のつづきけり

遠雷やはづしてひかる耳かざり

鮟鱇に似て口ひらく無為の日々

しその葉に秋風にほひそめにけり

夕焼のうつりあまれる植田かな

たたずみてやがてかがみぬ水草生ふ

ネオン赤き露の扉にふれにけり

つくねんと木馬よ春の星ともり

友も老いぬ祭ばやしを背に歩み

秋刀魚焼かるおのれより垂るあぶらもて

冬凪や鉄塊として貨車憩ふ

おすすめの記事