春の季語「椿(つばき)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「椿(つばき)」を使った俳句一覧

  • 汝が妻は椿の花の島少女 / 青木月斗
  • 椿涙たのしむ時代よ去れ / 赤城さかえ
  • 椿寺雲ふか/″\と魚板鳴る / 飯田蛇笏
  • いちじるく岨根の椿咲き初めぬ / 飯田蛇笏
  • 陋巷の侏儒に咲ける椿かな / 飯田蛇笏
  • ぱら/\と日雨音しぬ山椿 / 飯田蛇笏
  • 百鶏をはなてる神や落椿 / 飯田蛇笏
  • 炉をきつて出るや椿に雲もなし / 飯田蛇笏
  • 庭前に白く咲たる椿かな / 上島鬼貫
  • 水いれて鉢にうけたる椿かな / 上島鬼貫
  • 山の椿小鳥が二つかくれたり / 臼田亞浪
  • 岩床走る水の冷たき崖椿 / 臼田亞浪
  • 寒風の椿の朱唇ただれたり / 臼田亞浪
  • 人の世は無常が常よ落椿 / 大谷句仏
  • 椿咲く島へ三里や浪高し / 尾崎放哉
  • 鴬や椿落して迯て行 / 加賀千代女
  • 椿踏む道や寂寞たるあらし / 各務支考
  • 鳥の音も絶ず家陰の花椿 / 各務支考
  • 鳥のねも絶ず家陰の赤椿 / 各務支考
  • 鳥の嘴白玉椿きはつきし / 加舎白雄
  • 兵営の裏の草屋や赤椿 / 川端茅舍
  • 三の午椿拾ひて遊びけり / 川端茅舍
  • 風の中に日の色すわる椿かな / 川端茅舍
  • 春暁や綺麗に掃きし椿の根 / 川端茅舍
  • 椿道綺麗に昼もくらきかな / 川端茅舍
  • 椿空海照りて界なし / 川端茅舍
  • 椿沖の高さに盛りあがる / 川端茅舍
  • 椿大空に日は食まれをり / 川端茅舍
  • 死相ふとつらつら椿手鏡に / 川端茅舍
  • 赤い椿白い椿と落ちにけり / 河東碧梧桐
  • 貸家に厩あるなり落椿 / 河東碧梧桐
  • 家明け放してゐる藪高い椿の白 / 河東碧梧桐
  • 椿落ちて鶩啄む流れかな / 河東碧梧桐
  • 椿高々とある峠かな / 河東碧梧桐
  • ぬかるみをよけてあるくや紅椿 / 久保田万太郎
  • あかつきの靄にぬれたる椿かな / 久保田万太郎
  • 椿足のふみどのなかりけり / 久保田万太郎
  • 岸浸す水嵩となりし椿かな / 久保田万太郎
  • 石段にふめよと落ちし椿かな / 久保田万太郎
  • 椿落つ三百年の苔の上 / 久保田万太郎
  • 椿咲くことのいたづらや冬構 / 久保田万太郎

春の季語一覧

おすすめの記事