春の季語「雲雀(ひばり)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「雲雀(ひばり)」を使った俳句一覧

  • 山風にながれて遠き雲雀かな / 飯田蛇笏
  • 舟を呼ぶこゑは流れて揚雲雀 / 井上井月
  • 船を呼ぶこえは流れて揚雲雀 / 井上井月
  • 天風や雲雀の声を絶つしばし / 臼田亞浪
  • 雲雀落つ谷底の草平らかな / 臼田亞浪
  • かざす手の血の色ぞよき啼く雲雀 / 臼田亞浪
  • 水辺ゆく心ひろしも鳴く雲雀 / 臼田亞浪
  • 天風が雲雀の声を絶つしばし / 臼田亞浪
  • 雲雀あがるあがる土踏む足の大きいぞ / 臼田亞浪
  • おそろしや高い所に啼雲雀 / 加賀千代女
  • おもひおもひ下るゆふべの雲雀かな / 加賀千代女
  • きのふけふの雨にも下りぬ雲雀哉 / 加賀千代女
  • てふてふは寝てもすますに雲雀哉 / 加賀千代女
  • ほしに合ふて翌のことまで雲雀哉 / 加賀千代女
  • 何になる空見すまして雲雀かな / 加賀千代女
  • 何ひとつ食ふた日もなし夕雲雀 / 加賀千代女
  • 何ゆへぞ口もぬらさず鳴雲雀 / 加賀千代女
  • 見る人は余の気もあれど雲雀哉 / 加賀千代女
  • 身あがりや雲雀の籠も地に置ず / 加賀千代女
  • 草むらの留守に風置雲雀哉 / 加賀千代女
  • 雲雀呼戻したるかはつかな / 加賀千代女
  • 雲雀草の庵の厨より / 川端茅舍
  • 雲雀の句野に住む人の所望かな / 河東碧梧桐
  • 埒越えて飛ぶ馬もあり鳴く雲雀 / 河東碧梧桐
  • 伊勢大観宣長山や鳴く雲雀 / 河東碧梧桐
  • 鳴く雲雀宮を三巻の縄綯へり / 河東碧梧桐
  • 雲雀に砂とれば水にじむ程 / 河東碧梧桐
  • 雲雀水のむ草青々しかりけり / 河東碧梧桐
  • 嘆きつつ中洲の雲雀棒立ちに / 栗生純夫
  • きのふにもいまごろありし雲雀かな / 久保田万太郎
  • 霽《アマバ》れのなごりひばりや山畑 / 飯田蛇笏
  • あがりては下を見て鳴ひばりかな / 加賀千代女
  • 乾ては草に沈むやゆふひばり / 加賀千代女
  • 折ふしは雲のうしなふひばりかな / 加賀千代女
  • 朝夕は草のしめりや夕ひばり / 加賀千代女
  • 入相に落て音なきひばり哉 / 加賀千代女
  • 囀りにものの交らぬひばりかな / 加賀千代女
  • くもることわすれし空のひばりかな / 久保田万太郎
  • 花冷えや籠にゐるのはひばりの子 / 久保田万太郎

春の季語一覧

おすすめの記事