新年の季語「雑煮(ぞうに)」を使った俳句一覧




新年の季語「雑煮(ぞうに)」の解説

雑煮は、餅を正月に入れて食べる汁物のことをいいます。新年を祝って、一家の無病息災を願います。家や地方によって餅の形は違っています。

新年の季語「雑煮(ぞうに)子季語・関連季語・傍題・類語など

羹(かん)/羹を祝う(かんをいわう)/お羹箸(おかんばし)/味噌雑煮(みそぞうに)/雑煮祝う(ぞうにいわう)/雑煮餅(ぞうにもち)/雑煮膳(ぞうにぜん)/雑煮椀(ぞうにわん)/雑煮箸(ぞうにばし)/雑煮腹(ぞうにばら)

新年の季語「雑煮(ぞうに)を使った俳句一覧

新年の季語一覧



おすすめの記事