冬の季語「千鳥(ちどり)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「千鳥(ちどり)の解説

千鳥(チドリ)は、色は灰褐色、嘴は短い、チドリ科の鳥の総称のことをいいます。千鳥足は、酔っ払いの歩行に例えられ、足を交差させて歩むものです。

冬の季語「千鳥(ちどり)子季語・関連季語・傍題・類語など

目大千鳥(めだいちどり)/大膳(だいぜん)/胸黒(むなぐろ)/小千鳥(こちどり)/白千鳥(しろちどり)/鵤千鳥(いかるちどり)/千鳥足(ちどりあし)/千鳥掛(ちどりがけ)/磯千鳥(いそちどり)/浜千鳥(はまちどり)/浦千鳥(うらちどり)/島千鳥(しまちどり)/川千鳥(かわちどり)/群千鳥(むらちどり)/友千鳥(ともちどり)/遠千鳥(とおちどり)/夕千鳥(ゆうちどり)/小夜千鳥(さよちどり)/夕波千鳥(ゆうなみちどり)/月夜千鳥(つきよちどり)/鵆(ちどり)

の季語「千鳥(ちどり)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事