ごよう・誤用【超初心者向け俳句百科ハイクロペディア/蜂谷一人】

名句と呼ばれる作品の中にも文法的に少々問題があるものがあります。例えば

 

春の鳶よりわかれては高みつつ   飯田龍太

 

春の鳶が寄り添ったり離れたりしながら、高く昇ってゆくよ、という内容です。「高み」の終止形は高む。高くなるという意味で「高む」を使っています。ところが辞書には「高む」は「たかくかまえる。えらぶって振舞う」とあり、高くなるという意味はありません。では、この句は価値がないのか?そんなことはありません。誤用であっても、ひとたび名句と認知されれば市民権を得ることになります。数学の世界では正解はひとつしかありませんが、言葉の世界では、正解よりも素晴らしい誤答が見つかることもあるのです。

 

プロフィール
蜂谷一人
1954年岡山市生まれ。俳人、画人、TVプロデューサー。「いつき組」「街」「玉藻」所属。第三十一回俳壇賞受賞。句集に「プラネタリウムの夜」「青でなくブルー」

公式サイト:http://miruhaiku.com/top.html

おすすめの記事