春の季語「山吹(やまぶき)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「山吹(やまぶき)」を使った俳句一覧

  • 山吹やしどろと伸びし芝の上 / 芥川龍之介
  • 山吹や雨に伏したる芝の上 / 芥川龍之介
  • 鶯に山吹ばかり横川かな / 飯田蛇笏
  • 山吹の蝶を見てゐて得度かな / 飯田蛇笏
  • 山吹の咲き後れたる一枝濃 / 伊東月草
  • 山吹は咲かで蛙は水の底 / 上島鬼貫
  • 山吹ののこらず咲いて霖雨かな / 臼田亞浪
  • 垣の山吹咲けばむしるよ行きずりに / 臼田亞浪
  • 山吹や庭の隅からくらくなる / 臼田亞浪
  • 山吹やほきほき折れて髄白し / 尾崎放哉
  • 山吹のほとけかかるや水の幅 / 加賀千代女
  • 山吹や影も狂はぬ水の影 / 加賀千代女
  • 山吹や花ありたけを水に置 / 加賀千代女
  • 山吹や柳に水のよどむころ / 加賀千代女
  • 山吹やにごる流れにきらきらし / 哥川
  • 筏組む日を山吹に猿の出て / 河東碧梧桐
  • 学校休む子山吹に坐り尽しぬ / 河東碧梧桐
  • 傘さして山吹を折る小庭かな / 河東碧梧桐
  • 山吹の咲くをまぶしとみたるのみ / 久保田万太郎
  • 山吹やひそかに咲ける花の濃く / 久保田万太郎
  • 山吹の今さかりなる崖仰ぐ / 久保田万太郎
  • 山吹も葉がちの雨となりにけり / 久保田万太郎

春の季語一覧

おすすめの記事