秋の季語「雁(かり)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「雁(かり)」の解説

雁(カリ)は、北方から晩秋に日本にやって来て春になるとまた帰る渡り鳥のことをいいます。体は灰褐色で肥っており、尾は短くて長い頚があります。

秋の季語「雁(かり)子季語・関連季語・傍題・類語など

がん/かりがね/真雁(まがん)/菱喰(ひしくい)/酒顔雁(さかつらがん)/小雁(こかりがね)/白雁(はくがん)/黒雁(こくがん)/灰色雁(はいいろがん)/四十雀雁(しじゅうからがん)/沼太郎(ぬまたろう)/山七面鳥(やましちめんちょう)/野雁(のがん)/姫雁(ひめがん)/雁の列(かりのれつ)/雁の棹(かりのさお)/雁字(がんじ)/雁陣(がんじん)/雁行(がんこう)/雁が音(かりがね)/初雁(はつかり)/雁渡る(かりわたる)/雁来る(かりきたる)/天津雁(あまつかり)/雲井の雁(くもいのかり)/小田の雁(おだのかり)/落雁(らくがん)/病雁(びょうがん)

秋の季語「雁(かり)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事