大須賀乙字の俳句




大須賀乙字の俳句一覧

未分類

  • 凩に木の股童子泣く夜かな
  • 寒中の毛衣磨れば火の走る
  • 干足袋の日南(ひなた)に氷る寒さかな
  • 漆山染まりて鮎の落ちにけり
  • 火遊びの我れ一人ゐしは枯野かな
  • 砂丘はなるる月のはやさよ月見草
  • 雁鳴いて大粒な雨落しけり
  • 野遊びや肘つく草の日の匂い
  • 夜雨しばしば照り極つて秋近し
  • 妙高の雲動かねど秋の風
  • 浪白う干潟に消ゆる秋日和
  • 寒雁の声岬風に消えにけり
  • 落葉掻くは亡き母の後ろ姿かな
  • 忘れ霜すかんぽ既に甘きかな
  • 森うしろ染めて暮るゝに囀れる
  • 落雷の光海に牧場一目かな
  • 落蛾墨をひいて手紙をよごしけり
  • 水際まで闇迫る月見草に立つ
  • 槻風の山ゆ新涼到りけり
  • 船底の閼迦に三日月光りけり
  • 書き物も端居にぬれつ天の川
  • 荷馬返せば急に更けたり虫の宿
  • 今朝秋のよべを惜みし灯かな
  • 巣鴉をゆさぶつてゐる木樵かな
  • 山雲を谿に呼ぶなり閑古鳥
  • 木の股に木の葉と堪えふ秋の水

大須賀乙字 プロフィール

大須賀 乙字(おおすが おつじ、1881年7月29日 - 1920年1月20日)



おすすめの記事