夏の季語「雲の峰(くものみね)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「雲の峰(くものみね)の解説

雲の峰は、山並みが聳え立つように盛夏にわき立つ雲のことをいいます。入道雲が夏の代名詞であり、夏としては有名な雲です。

夏の季語「雲の峰(くものみね)子季語・関連季語・傍題・類語など

積乱雲(せきらんうん)/入道雲(にゅうどうぐも)/坂東太郎(ばんどうたろう)/丹波太郎(たんばたろう)/比古太郎(ひこたろう)/信濃太郎(しなのたろう)/石見太郎(いわみたろう)/安達太郎(あだちたろう)/雷雲(らいうん)/鉄鈷雲(かなとこぐも)/夕立雲(ゆうだちぐも)/峰雲(みねぐも)

夏の季語「雲の峰(くものみね)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事