夏の季語「涼し(すずし)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「涼し(すずし)」を使った俳句一覧

  • 涼し鎌にかけたる葛の蔓 / 飯田蛇笏
  • 富士仰ぐわが首折れよ船涼し / 飯田蛇笏
  • 晒引く人涼しさを言ひ合へり / 飯田蛇笏
  • 涼し木末に消ゆるはゝき星 / 石井露月
  • つゆ涼し夜と別るゝ花の様 / 石井露月
  • 蕗の葉のひるがへりつゝ道涼し / 石橋辰之助
  • 樹々涼し穂高岩群照りをるに / 石橋辰之助
  • 地下涼し発電機逸る音に馴れ / 石橋辰之助
  • 涼し机の上の湖月抄 / 井上井月
  • 涼しさの真ただ中や浮見堂 / 井上井月
  • 涼しさのまことは杉の梢なり / 岩田涼菟
  • 遠つ祖ここらや漕げる松涼し / 臼田亞浪
  • 涼し吹かれて雲のとどまらず / 臼田亞浪
  • 涼しわれは山の子浅間の子 / 臼田亞浪
  • 涼し毬藻に鱒のひらめきて / 臼田亞浪
  • 涼しさは葛飾乙女真菰刈る / 臼田亞浪
  • 山風の涼しさ過ぎぬ満つる月 / 臼田亞浪
  • 盆東風に暮れて涼しき浜火かな / 臼田亞浪
  • 信心の外に世はなき涼しさよ / 大谷句仏
  • 俳句二河白道を行く涼しさよ / 大谷句仏
  • 佛名に起きて涼しき旦かな / 大谷句仏
  • 苦の舊裡浄土へ旅出涼しかろ / 大谷句仏
  • 風さけて入日涼しき菖蒲の日 / 加賀千代女
  • 風さけて入口涼し菖蒲哉 / 加賀千代女
  • 牽もどす耳には涼し滝の音 / 加賀千代女
  • 唐崎の昼は涼しき雫かな / 加賀千代女
  • 涼しさやはだかに近き茶の木畠 / 加賀千代女
  • 水影のもろもろ涼し夏の月 / 加賀千代女
  • 其許は涼しさう也峯の松 / 各務支考
  • 寄そはむ柱も涼し金のさび / 各務支考
  • 筋違に寝て涼しいか佐渡の山 / 各務支考
  • しゆろの葉の団扇に涼し法師ぶり / 各務支考
  • 苔の名の月まづ涼し水前寺 / 各務支考
  • 涼しさに中にさがるや青瓢 / 各務支考
  • 涼しさや此菴をさへ住捨し / 河合曾良
  • 涼し蜾蠃の唸りいくすぢも / 川端茅舍
  • 涼し僧も四条へ小買物 / 川端茅舍
  • 金銀の光涼しき薬かな / 川端茅舍
  • 涼しすがるの唸りいくすぢも / 川端茅舍
  • 大山門涼し群雀静まらず / 川端茅舍
  • 涼しさや沙弥も不逞の面構へ / 川端茅舍
  • 瀬と淵とならびて磧涼しさよ / 川端茅舍
  • 涼し朴の広葉に風の吹く / 河東碧梧桐
  • 海楼の涼しさ終ひの別れかな / 河東碧梧桐
  • 端納涼しをれど明日は別れかな / 河東碧梧桐
  • 百合涼し右にゆれても左にも / 河東碧梧桐
  • 膝と膝に月がさしたる涼しさよ / 河東碧梧桐
  • 蟹とれば蝦も手に飛ぶ涼しさよ / 河東碧梧桐
  • 暗く涼しく足の蚊を打つ音を立てた / 河東碧梧桐
  • ぼんぼりのあるひは消えてゐて涼し / 久保田万太郎
  • 石段の涼しき高さみ上げけり / 久保田万太郎
  • 結上げて涼しき髷となりにけり / 久保田万太郎
  • 涼しき灯すずしけれども哀しき灯 / 久保田万太郎
  • 月も露も涼しきとはのわかれかな / 久保田万太郎
  • 涼しいよいよ袖をたくしあげ / 久保田万太郎
  • 涼しきりりとしめて立稽古 / 久保田万太郎
  • つつましく扇つかへる涼しさよ / 久保田万太郎
  • 袴つけて羽織ただしく著て涼し / 久保田万太郎
  • 因縁のそれからそれと涼しけれ / 久保田万太郎
  • おもふさま散らかりし灯の涼しさよ / 久保田万太郎

夏の季語一覧

おすすめの記事