椎本才麿の俳句
  • 花鳥を型にうつしてやどり哉
  • 小袖納櫃川の桜散にけり
  • 住吉の角にすゞめやすはまぐり
  • 白雲を吹尽したる新樹かな
  • 美しい皺を見せけりけしの花
  • 咲バふる雨のきたいか鉄線花
  • 菴しめよ蜜柑の花に郭公
  • 堂形や今ぞさかへん大矢数
  • 夏切や細川殿の八重むぐら
  • けふと成兎かくれぬ峰の雲
  • 槿の実をとる人のゆふべ哉
  • 冷まじや月もる関の塗靭
  • 浪人や胡桃をまハす鳥にだも
  • ほのぼのと御粧ひや草の香
  • はなるほど哀れなりけり秋鰹
  • 粥の木や女夫の箸の二柱
  • 入り船や年立帰る和田の原
  • 初雑煮上戸が里やおそ桜
  • 初夢や花を産たる筆の先
  • 試る筆にはさむや松の花
  • 粧初め御階がかりや屋台姫
  • 三日月や二月の海の深みどり
  • 二月の三笠使や猿に太刀
  • 何々ぞ三月尽のかげぼうし
  • 三日月や隣の梨に花がつく
  • 舞々が暮春になりぬ花むしろ
  • 夕ぐれのものうき雲や凧
  • 花鳥を型にうつしてやどり哉
  • 鶯の声や竹よりこぼれ出る
  • 笹折て白魚のたえだえ青し
  • 蟻のいづ穴明の瀬戸桜貝
  • 宵月夜入日の岡や白つつじ
  • 先旅のこころうごきぬ寸の蘆
  • 草寒し五月じめりの竹敷居
  • 夏の夜のみじかき程ぞ馬問屋
  • ながれより上にくだけて雲の峯
  • 薫とやとかく奇麗な風の色
  • 五月雨や桃の葉寒き風の色
  • 振袖に鐙をかくす夏野哉
  • 竹の杖肩に倚せつつしみづ哉
  • 一文の酢の銭落す鵜川かな
  • 何糸か鏡にたるるころもがへ
  • 単物ぬぐや漁の首途酒
  • 虫干や人丸赤人の袖の風
  • 山水に新茶のわかる筧かな
  • 里の子よ撚籠に似ぬ心もて
  • 唐猫に五月の玉やたますだれ
  • 物おもふ暮や黄色なぬり団
  • はやう寝る隣を待ぬ涼み笛
  • 青むしろ風と並ぶや美少年
  • 浅ましやまゆ烹る賤はつづれきて
  • 松風や昼寝の蠅の羽買山
  • 里の子や麦わら笛の青葉山
  • 冷汁の寺へ登つてしらが哉
  • からし酢や鼻に夏なきところてん
  • 御輿洗ひはぎの白さや神楽神子
  • 数珠玉や里の下草ふじ詣
  • 禿山や夏をしらする郭公
  • 雲まれに世は子規の日照也
  • 郭公はるかに蜀の新茶哉
  • 観農の鳥に夜を寐ぬ野鍛冶哉
  • 田中菴水鶏音を何と鳴鼈
  • 鴨の巣や鯛うく比の堂が浦
  • 猫の子に嗅れて居るや蝸牛
  • 蟻のいづ虫明の瀬戸桜貝
  • 浮鮎をつかみ分けばや水の色
  • 鮨桶やまだ石走る滝津鮎
  • しら雲を吹尽したる新樹かな
  • 佗斎が芦の丸やへ若葉風
  • 桐の花一しなありし木立哉
  • 衿うらのはじめて赤し花石榴
  • 竹の子のひとよひとよと都哉
  • 麻から売帰る足にて安く候
  • 青梅に天ぎる雪や砂糖漬
  • 苗取に男追ゆる小町かな
  • 麦の葉に慰行や小山伏
  • 麦の穂の筆を染るや御門外
  • 秋たつや水をへだてて松のかげ
  • 夜寒さぞ裏壁つけぬきりぎりす
  • けふと成て兎かくれぬ峯の雲
  • 新月は角に肉あるひかりかな
  • 秋しぐれ今や田を守小屋がくれ
  • けふぞ海竜灯消し油皿
  • 松原に稲を干したり鶴の声
  • 雲の端に二日の月や小鳥網
  • ゐなみのや笠の蠅追ふ秋の風
  • 旅人となりにけるより新酒哉
  • 清てるや一葉に沈む新豆腐
  • 聖霊や草の香うつす女郎花
  • おくり火やなき玉鉾の案内者
  • 源平香手向のはたや川せがき
  • 馬に乗衣かつぎあり金毘羅会
  • 買勝やたからの市の国みやげ
  • あの里に角とぎ鹿のこもりけん
  • 霧と波とに蚯蚓鳴らん芥川
  • 沙魚飛んで船に食たくゆふべかな
  • はねる程哀れなりけり秋鰹
  • 渋柿もたのみあるみぞ沢清水
  • 芙蓉の香苔のみづらにこぼれけり
  • 弓の木の久しき柾のかづら哉
  • 花は根にもと荒の萩や土竜
  • 芦の花折りて船出の祓せん
  • 朝顔や少しの間にて美しき
  • 露草に染て通らん古油単
  • はらむ稲は子安の地蔵ぼさつ哉
  • 馬買てつなぐまがきや稲の花
  • 盆粟の稲に出て星の逢夜かな
  • 瓜かれていつ迄草の西瓜守
  • 自然薯を釣せぬさきに宿鳥哉
  • 笹竹の窓にはひこむぬかご哉
  • はつ茸や妹にくはせん草結び
  • やはらかにふくさ折つたり雪曇り
  • 竹の戸に炭鋸を道具哉
  • 炉開きの里初富士おもふあしたかな
  • 雪竿をいづくにたてて見る山ぞ
  • 糸を見ぬ鏡に千代の綿子かな
  • 落葉をくだくや納豆打つ寒夜
  • 亥の子の夜几下にかかる小袖かな
  • 皹やほそ谷川は石高み
  • 風の駒雲の車や神送り
  • お火焼や塵にまじはる箒の神
  • かみ声を引出しけり小前張
  • むつまじや追儺の宵の人の声
  • はし鷹や跡も尋る智仁勇
  • 青首やおなじ緑の菜摘川
  • 水凝て鴨なく星の林かな
  • 鴛鴦の胸迄赤きよそひ哉
  • 寝て起て鰤売声を淋しさの果
  • 帰り咲や狐川より志賀の花
  • 冬ぼたん手をあたたむる茶碗かな
  • 日の本の人の多さよ年のくれ
  • 勝手より子の這て出るとしのくれ
  • 行年の道はありけり橋あらひ




椎本才麿 プロフィール

椎本 才麿(しいのもと さいまろ、1656年 - 1738年1月2日)

おすすめの記事