夏の季語「秋近し(あきちかし)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「秋近し(あきちかし)の解説

秋近しは、晩夏のころのことをいいます。木々のそよぎや空が藍を帯び始めたことに、秋が近くなったことを感じるようになります。

夏の季語「秋近し(あきちかし)子季語・関連季語・傍題・類語など

秋隣(あきどなり)/秋隣る(あきとなる)/秋の隣り(あきのとなり)/秋の境(あきのさかい)/秋迫る(あきせまる)/来ぬ秋(こぬあき)

夏の季語「秋近し(あきちかし)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事