春の季語「柳(やなぎ)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「柳(やなぎ)」を使った俳句一覧

  • 雪どけのなかにしだるるかな / 芥川龍之介
  • 池の面にはらりとしたるかな / 飯田蛇笏
  • 挿すやしばし舟押して白腕 / 飯田蛇笏
  • 巡邏終へてに日あり歌書を繙く / 飯田蛇笏
  • 居すごして箸とる家のかな / 飯田蛇笏
  • から出てゆく船の早さかな / 井上井月
  • や雲にながるゝあらし山 / 岩田涼菟
  • 鳥どもに見かぎられてや散 / 岩田涼菟
  • 流るゝか雲にのあらし山 / 岩田涼菟
  • 樹の中に只青の尾長鳥 / 上島鬼貫
  • むつとしてもどれば庭にかな / 大島蓼太
  • 水汲みに来てはの影を乱す / 尾崎放哉
  • すつかり病人になつての糸が吹かれる / 尾崎放哉
  • 何事もなしと過行 哉 / 越智越人
  • よの木にもまぎれぬ冬の哉 / 越智越人
  • 墨染で初日うかがふかな / 加賀千代女
  • わか水や見よとの道も有 / 加賀千代女
  • 下萌に雫あふなき哉 / 加賀千代女
  • うくひすは起せどねぶる哉 / 加賀千代女
  • さそふ水あらばとぬるるかな / 加賀千代女
  • ながれては又根にかへるかな / 加賀千代女
  • のびる程恐しうなるかな / 加賀千代女
  • 雲に届く近道知てかな / 加賀千代女
  • 花咲ぬ身はふり安きかな / 加賀千代女
  • 見るうちにわすれて仕まふかな / 加賀千代女
  • 手折らるる花から見てはかな / 加賀千代女
  • 松原には春の夕かな / 加賀千代女
  • 吹分るは青し馬の髪 / 加賀千代女
  • 昼の夢ひとりたのしむ哉 / 加賀千代女
  • 釣竿の糸吹そめてまで / 加賀千代女
  • 晩鐘のつり合もよきかな / 加賀千代女
  • 百とせにもう一眠りかな / 加賀千代女
  • 浮島を青う突出すかな / 加賀千代女
  • から残らず動く氷かな / 加賀千代女
  • のけふは短きしほ干かな / 加賀千代女
  • 山吹やに水のよどむころ / 加賀千代女
  • には雫みじかしはつ時雨 / 加賀千代女
  • さそふ水もなくてかくまでかれ / 加賀千代女
  • 年の内に柳ばかりはかな / 加賀千代女
  • 月遠くにか ゝる夜汐かな / 加舎白雄
  • 日永きや見て居る黒格子 / 加舎白雄
  • 夕汐やがくれに魚わかつ / 加舎白雄
  • 縁日の昼も店出すかな / 河東碧梧桐
  • 賑やかな町に寺あるかな / 河東碧梧桐
  • 五島戻れば港奥ある夕 / 河東碧梧桐
  • 古き梅古きや小六条 / 河東碧梧桐
  • 散るや馬と異なる牛の痩 / 河東碧梧桐
  • 散て料理も淋し忍川 / 河東碧梧桐
  • 腰をふる門のやかぶきもの / 北村季吟
  • うまの子の無事な貌なる哉 / 久保田春耕
  • 眠り覚めての雫聞く夜哉 / 久保田兎園
  • 墓手水御門の浴びてけり / 久保田兎園
  • 右は月左は水や夕 / 久保田兎園
  • ゆつくりと時計のうてるかな / 久保田万太郎
  • 元日やさくらの舞扇 / 久保田万太郎
  • きえぎえに白山みゆるかな / 久保田万太郎
  • 目にみえて青めり雛納 / 久保田万太郎
  • 東をどりのの青みわたりたる / 久保田万太郎
  • の芽漸く月もまどかなり / 久保田万太郎
  • いたづらにそよぐや雲の峰 / 久保田万太郎
  • ちりそむるがもとの夜ぎりかな / 久保田万太郎
  • 出世大黒まへの散りにけり / 久保田万太郎
  • 配給の卵三つや散る / 久保田万太郎
  • 桟橋にかぶさる散りにけり / 久保田万太郎
  • あさがほのまだ咲く散りにけり / 久保田万太郎
  • 何事も気のもちやうや散る / 久保田万太郎

春の季語一覧

おすすめの記事