冬の季語「炬燵(こたつ)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「炬燵(こたつ)の解説

こたつは、古くから日本にある暖房器のことをいいます。昔は、床に炉を設けて蒲団をかけて暖を取りましたが、現在は電気こたつになっています。

冬の季語「炬燵(こたつ)子季語・関連季語・傍題・類語など

切炬燵(きりごたつ)/置炬燵(おきごたつ)/炬燵櫓(こたつやぐら)/炬燵蒲団(こたつぶとん)/炬燵板(こたついた)/電気炬燵(でんきごたつ)/炬燵切る(こたつきる)/炬燵張る(こたつはる)/炬燵開く(こたつひらく)/敷炬燵(しきごたつ)

の季語「炬燵(こたつ)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事