増田龍雨の俳句
  • 奉公にある子を思ふ寝酒かな
  • 行年や夕日の中の神田川
  • 寒木瓜や外は月夜ときくばかり
  • 蝋梅のつやを映しぬ薄氷
  • 春雷にさし汐早き干潟かな
  • 雪の果山の日あたる障子かな
  • 其角忌や燕出そめし芝の浦
  • 伽羅蕗を煮返す妻や今日も雨
  • 蒸鮓にたてゝ寒さや膳の脚
  • 寒取やものを映さぬ桶の水
  • 打ちつゞく絶えざる門や鳥総松
  • 仲見世や初観音の雪の傘
  • 袖摺りて鼻の行方や福笑ひ



おすすめの記事