冬の季語「年の暮(としのくれ)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「年の暮(としのくれ)の解説

年の瀬は、年の終わりの十二月も押し詰まった頃のことをいいます。年の瀬の実感が湧いてくるのは、十二月の中頃から正月の用意を始める頃です。

冬の季語「年の暮(としのくれ)子季語・関連季語・傍題・類語など

歳晩(さいばん)/年末(ねんまつ)/歳末(さいまつ)/暮歳(ぼさい)/晩歳(ばんさい)/年の末(としのすえ)/年の際(としのきわ)/年の瀬(としのせ)/年の果(としのはて)/年の終(としのおわり)/年の坂(としのさか)/年の峠(としのとうげ)/年の梢(としのこずえ)/年の尾(としのお)/年の湊(としのみなと)/年の関(としのせき)/年の名残(としのなごり)/年の残り(としののこり)/年の別れ(としのわかれ)/年の奥(としのおく)/年の岸(としのきし)/年の冬(としのふゆ)/年の急ぎ(としのいそぎ)/年暮るる(としくるる)/年尽くる(としつくる)/年果つる(としはつる)/年つまる(としつまる)/年深し(としふかし)/暮(くれ)

の季語「年の暮(としのくれ)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧

 



おすすめの記事